8/31に行われた常総きぬ川花火大会でのフォトコンテストに応募しましたが残念ながら落選でした。普通ならそのまま記事にする事もないのですが運営側の対応が素晴らしかったので書いてみようと思います。

写真コンテストを出された方は分かると思いますが、撮影は勿論の事、補正作業、プリント、タイトル付け、発送。はっきり言って面倒で、お金も時間も掛かります。

しかし、僕がそれでも出そうと思うのは、コンテストで入賞すると多くの人に見て貰える機会が得られるので頑張っています。

通常は、落選だと封筒に紙が1枚入っていて「今回は落選いたしました。またのご参加をお待ちしています。」などが記載しており、それが当たり前だと思っていました。

それが、今回は入賞者の写真が載っているプリント用紙に主催者や審査員のコメント、入賞作品への講評。ついでに参加賞のボールペンも入っていました。

たった数枚の用紙ですが、次回作に向けて意味があり、また挑戦してみたいと言う気持ちが湧き上がる内容でした。常総きぬ川花火大会は写真コンテストまで素晴らしい。