長野えびす講煙火大会に行って来ました。「日本で一番美しい晩秋の花火」長野市だと有名なのは善光寺ですが、 この花火大会は本来、西宮神社のえびすの神に、感謝をする御祭礼の一部になります。

可能なら、えびす講祭(例大祭)(11月18-20日に開催)も見てみたいのですが、 地方から出てくる人には難しいところです。

18:00より個人協賛 特大スターマインで始まる。今年は、風向きや暖かい気候と好条件が揃っていたので、いつもより場所取りが激化していた様です。

353名の個人協賛 特大スターマイン

続いて、楽しみにしていた全国十号玉新作花火コンテスト。全国より選ばれた15社による様々な工夫を凝らした10号玉を打ち上げてくれました。

【最優秀賞】昇り曲導付 銀彩芯 錦先七度変化菊(秋田県)大曲花火化学工業

そして最大の見所、紅屋青木煙火店ミュージックスターマイン。折角用意した広角レンズもフレームアウトする程の大迫力で、音楽に合わせた超高速の花火が次々と打ち上がった。

ミュージックスターマイン

感動に次ぐ感動の長野えびす講煙火大会。きっと一度でも見れば、その良さが分かると思うのですが、氷点下近くの寒空の中で花火と聞くとなかなか足が進まないのも分かります。

◎他の写真はこちら(全国十号玉新作コンテストは全て撮影済み)