花火の心得

花火写真家 蛭田眞志 オフィシャルサイト of Masashi Hiruta ― 日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に伝えたい ― 

埼玉県

平成26年度 秩父夜祭

投稿日:2014年12月3日

秩父夜祭に行ってきました。

日本三大曳山祭に数えられている祭りですが、毎年、日本煙火芸術協会の花火を目的に行っている為、今まで祭りの内容がほとんど分かっていませんでした。

そんな訳で、今年は桟敷席の申し込みをすると見事当選!当選確率が20倍、30倍とも言われるチケットらしい。

寒さが苦手な為、いつもギリギリに行ってたのですが、今回はちょっと早めに到着して桟敷席に向かう。

事前にある程度は聞いていたのですが、本当に狭い場所で観覧するスペースしかなく、それでも何とか三脚を立てて撮影を強行してみた。

機材を入れるバッグは通路に放置してしまったので、桟敷席で撮影される方は最小限の荷物にした方がいいです。

19:30より日本芸術花火大会が開始される。今年は26名の日本煙火芸術協会会員による10号玉2発の対打ちが行われました。 

どの花火も素晴らしく桟敷席の最上段だったのもあり、目の高さに花火が打ち上がる感じで最高でした。

「昇小花 虹色のブーケ」 齊木慶彦氏

その後は煙火主催町競技大会やあの花スターマイン、虹のスターマイン大会と続きましたが、桟敷席の位置的に斜め後方に打ち上がったので観覧に徹する。

それと山車の迫力も凄かったです。豪華絢爛な装飾も素晴らしかったのですが、曳きまわしに必要な人数の多さに驚きでした。

 

花火だけではなく貴重な体験ができたので、本来の秩父夜祭りの魅力を以前より理解できたと思います。桟敷席にお付き合い頂いた花火仲間にも感謝です。

◎他の写真はこちら

-埼玉県
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【最新情報2017】秩父夜祭 徹底解析

秩父夜祭 注意事項 毎年、12月3日に埼玉県秩父市で開催される秩父夜祭。前日の2日にも宵宮(前夜祭)として小規模な花火が上がりますが、ここでは3日に焦点を当てて記載します。まず、秩父夜祭は花火でなく山 …

秩父夜祭

平成25年度 秩父夜祭

秩父夜祭に行ってきました。京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに、日本三大曳山祭りに数えられているこのお祭り。曳山とは山車とも呼ばれ、車輪がついた神輿の様なものです。本来ならば、この山車を見るのが目的のお …

龍勢まつり

平成27年 椋神社例大祭 龍勢まつり

念願だった埼玉県秩父市の龍勢まつりに行ってきました。昼花火は何度も見ているのですが、龍勢(りゅうせい)は初観覧。 午前8時40分より打ち上げ開始なのですが、夕方頃までやっているので、正午到着を目処に向 …

【花火の歴史】こうのす花火大会 四尺玉打ち上げの真実

こうのす花火大会の正四尺玉 10月の第1土曜日に埼玉県鴻巣市で開催されるこうのす花火大会。地域の振興発展と子供達に夢や希望を与えたいとの思いで商工会青年部が主催する手作りの花火大会。毎年、新しい事に挑 …

おかべコスモス祭

おかべコスモス祭 2016

本当は全く予定していなかったのですが、埼玉県付近に行く用事があり、おかべコスモス祭に行ってきました。 岡部町と言う地名は、現在は深谷市に合併されて残っていないが、平成元年にコスモスを町の花と制定した記 …

花火写真家として全国の良質な花火文化を記録や保存、そして拡散を目的に活動しています。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイトの文章や画像の無断転載を禁止しています。
プロフィール詳細
最新花火情報2017
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
お問い合わせ