僕にとって一年で一番密度が濃い花火大会。秋田県大曲の新作花火コレクション2015

主催は大曲花火倶楽部で花火鑑賞士も運営のお手伝いをしたり、賞の一つである花火鑑賞士特別賞を審査したりと花火大会に携われる貴重な経験ができたりします。

今回は私用により到着が遅くなってしまい、お手伝いは断念。ギリギリの到着でしたが今回はプライベート花火を申し込んでいたのできちんと観覧席も用意されていました。

最初は申し込み方すら分からず、読みあげて頂く文章を考えるのも大変でしたが無事に打ち上がった時はホッとしたものです。

今までメッセージ花火を何度も見ているものの実際に打ち上げる側に立ってみると、また違った花火を見れて貴重な思い出になりました。

【プライベート花火】 紅銀芯引先青緑紅

なお、昨年の新作花火コレクションで特別審査員をして頂いた俳優の西村雅彦氏もプライベート花火を3発打ち上げてくださいました。今年は舞台がある為、ご来場頂けなかった様です。またお会いしたかったのに残念でした。

【プライベート花火】 昇曲付群花菖蒲

競技ルールについては若手花火師による4号玉10発、5号玉5発での競技大会。今年は前回より増え、23業者の参加でした。

また、なるべく沢山の方に見て貰おうと花火作家が打上げ前に出品花火について発表するお立ち台も以前より高い場所に変更となっていました。

今回の結果はこちら。受賞された花火師の皆様おめでとうございます!

【金賞】小波(光の波紋) 12.臼井宏司 静岡県 臼井煙火

【銀賞・審査員特別賞】菜の花の黄色いじゅうたん 11.和田順 神奈川県 ファイアート神奈川

【銅賞・花火鑑賞士特別賞】 ふぞろいの星たち ウィークポイントをチャームポイントへ… 14.齋藤健太郎 秋田県 響屋

【銅賞】ここに咲く 紫陽花の華
21.柿木博幸 滋賀県 ㈱柿木花火工業

【銅賞】陽炎の火 ~炎が描く超常現象~
09.氣賀澤文平 長野県 ㈲伊那火工堀内煙火店

僕個人としては静岡県の光屋窪田花火工の競技玉が一番良かったのですが選外だった様です。打上げ後の滞空時間が長く、点滅の色彩の美しさ、正にタイトルにある宝石の様な輝きを放っていました。残念ながら写真ではあまり伝わらないな…。 

ジュエルミネーション 10.窪田大輔 静岡県 光屋窪田花火工

また、競技とは別に各業者毎に一発ずつ出品する大玉割物花火競演(7号玉)の打ち上げ。

【大玉割物花火競演】瞬く牡丹の煌き 09.氣賀澤文平 長野県 伊那火工堀内煙火店

また、インターバル花火では大曲工業高校が春のセンバツ甲子園に初出場するので応援スターマイン。大曲工業の打者の順番を花火打線と呼ぶのだとか…。

春のセンバツ甲子園出場 ガンバレ!大曲工業高校!

そして、フィナーレは大仙市誕生10周年記念スターマイン。大仙市の観光名所などを花火で表現した内容が大曲花火倶楽部の小西亨一郎氏の解説と共に次々と打ち上がる。

大仙市誕生10周年並びに“大仙市・座間市友好交流都市協定締結”を記念した創作花火

そして、花火終了後は表彰式の為に、レセプション会場に移動。立食パーティーの中で入賞した花火作家にトロフィーや賞状などを手渡す。

今回は同日に市内で大仙市・座間市友好交流都市協定締結式が行われた為、座間市の関係者も多数お越し頂いておりました。同県のファイアート神奈川が受賞した時の盛り上がりは凄かったなぁ…。

その後は、楽しみにしていた花火師との二次会。この一年間で知り合いになった方が増えたので、以前よりも緊張せずにお話できました。

そして、三次会の蕎麦屋へ。花火談義に夢中になり、ホテルに着いたのは深夜2:00過ぎ。とても密度の濃い新作花火コレクションを堪能しました。

◎他の写真はこちら(全プログラム撮影済み)