花火鑑賞士のつどいに行ってきました。大曲花火倶楽部が花火鑑賞士を集めて年に一回開催する研修会。

花火を知的に楽しく鑑賞する為の技術向上を図る為の会であり、毎年、活躍している花火師を講師に迎えて座学と花火の打ち上げ、また懇親会として花火師さんとの交流も行います。 

懇親会の様子

14:30より鑑賞士のつどいが開会される。今年は僕が好きな齊木煙火本店齊木 克司氏がお越し頂けるのでたまらず大曲へ向かってしまった。 

自社の歴史や今後の展望、花火の種類や特色、地元、市川三郷町の神明の花火についてなど魅力溢れる内容を約1時間かけてお話くださいました。

この研修会は参加者全員が花火鑑賞士と言うマニアックな勉強会なので専門用語が当たり前の様に出るし、最近の動向まで熟知していないと全てを理解するのは難しいです。

その後、大曲花火倶楽部副会長である小西 享一郎氏によるフォローアップセミナーとして、パワーポイントなどを使って更に内容を掘り下げて、詳しく説明頂きました。

その後、花火会場へ場所を移動して19:10より花火鑑賞。先程、勉強した内容の玉を解説付きで実際に打ち上げて貰う。齊木煙火本店の真髄である数々の銘品を堪能する。 

虹色のグラデーション

昇曲導付八重芯引先紅​光輝

続いて、地元大仙市の小松煙火工業の花火。こちらも競技大会で入賞した芸術作品など、ラストにはスターマインの打ち上げもありました。

姫睡蓮

花火で祝う大仙市市制​10周年~Sky Magic Orchestra~

花火の知識、鑑賞、交流会とかなり充実した一日でした。最近は自分が色々な内情を知っていくうちに、花火文化の発展には何ができるかを考えたりしています。

◎他の写真はこちら