現在、講談社ARIAで連載中の花火を題材にした刹那グラフィティの単行本が6月5日(金)に発売されます。あさのあつこさん原作のNO.6などを手掛けた作者である木乃ひのきさんは、長野県出身の漫画家で子供の頃に地元で見た花火がとても印象に残っており、以前よりいつかは題材にしてみたいと思っていたそうです。

本作品を描くにあたって、各地の煙火店、花火大会現場の取材をさせて貰い、現在も沢山の勉強をしながら難しい題材に取り組んでおります。僕も少しですが、花火写真を提供したり、取材のお手伝いもさせて頂きました。

花火師になりたい少年と煙火店の息子、 2人の高校生を描く物語で、取材先でお会いした花火師さんも自分と似てる所があると言っていました。

単行本の表紙は八重芯花火での仕上がりになっています。花火に興味がある人も、あまり興味がない人も夏の1冊として是非、一度は書店で手に取ってみてください。沢山の人に読んで貰い、日本の花火文化に興味を持つ切っ掛けになるといいなと思っております。

第1巻は6月5日(金)
第2巻は8月7日(金)【花火の日】に発売。

講談社ARA 刹那グラフィティ