青森県弘前市の古都ひろさき花火の集いに行ってきました。この花火大会は旧弘前市、岩木町、相馬村が合併した際に開催されたものなので、今年は10周年の節目に当たるとの事。

大会の規模も例年より5,000発増量し、青森県初の約15,000発と実行委員も気合十分の様だ。担当煙火店は秋田県の大曲花火化学工業響屋

花火会場は完全有料席で、縦長の観覧席で珍しい形です。その中でも驚いたのは、打ち上げの距離で最前列の特別席は花火が頭上で炸裂してしまうのではないかと思う程でした。 

勿論、作業現場も丸見えで花火師さんが号砲雷を打ち上げる際に、筒に火を投げ入れているがわかります。

確かに花火は近くから見た方が迫力があるし、僕もなるべく近い場所での撮影を心掛けているのだがまともに撮影できない予感がしたので後方に移動しました。 

19:30頃から打ち上げ開始。まだ空が明るくて花火が映えなかったです。 

特に前半の全国花火名人競演に影響がでました。10社の煙火店がそれぞれ自由玉多重芯割物の尺玉を1発ずつ打ち上げるのですが勿体なかったです。

しかし、流石に全国から優秀な業者が集まっただけあり、どれも素晴らしく夏の競技大会が待ち遠しくなる様な内容でした。 

全国花火名人競演(自​由玉の部)和火屋(秋田県)南国ヤシに雪牡丹

全国花火名人競演(多​重芯割物の部)大曲花火化学工業(​秋田県)昇曲付四重芯変化菊

他にもヒップホップ、タヒチアンダンス、よさこいなどのステージメンバーと創作花火のコラボレーションスターマイン。

ただ、最初に書いた様な打ち上げ距離なので超カオス!すぐ後ろから花火が打ち上がるので、踊ってる人達は集中できるのかと気が気でなりませんでした。 

ロコスタジオ タヒチアンダンスと花火の共演

フィナーレは10周年記念花火として、アラジンの曲に合わせてスターマイン。記念大会に相応しい内容で行けて良かったです。

天空シネマ =アラジン=

花火終了後には、東北・関東支部の花火鑑賞士メンバーで打ち上げ。ここは本州最北端なのに知ってる人ばかりで笑えます。翌日は弘前城や田舎館村の田んぼアートなど観光も楽しめました。

◎他の写真はこちら