僕が初めて花火撮影をした思い出の場所。東京都江東区で開催されている江東花火大会。6年振りに、この地を踏みました。

担当煙火店:株式会社宗家花火鍵屋
打上:約4000発
最大号数:4号玉

ここの特筆するべき所は担当煙火店、宗家花火鍵屋。花火の掛け声で、「たまや~」「かぎや~」の鍵屋さん。現在、15代目の女性花火師さんがその跡を継いでいます。

現在、花火の製造は行っていませんが、打ち上げ専門業者として、江戸川区花火大会浦安花火市花火大会などを手掛けています。

19:30より打ち上げ開始。きちんと風向きを読んだ場所を確保し、写真の構図を考え、打ち上げのタイミングを計り、テンポよくシャッターを切っていく。

きっとまだまだな部分もあるとは思うけれど、当時とは比べ物にならない撮影ができている筈です。

花火の内容としては、スターマイン中心の打ち上げです。良くも悪くも普通の花火大会ですが、今までを振り返りながら大切に撮影しました。

当初は写真の学校の課題で作品を撮りに行っただけなので、撮影方法もよく分からずウェブサイトで何となく調べ、打ち上げ開始1時間前に慌てて現地に向かったものです。

今だと失敗作の部類になるのだが、初めて撮った花火写真には衝撃的な感動を覚えました。あれがないと今の自分は存在していないでしょう。

振り返ってみて、花火に触れて自分の人生が変わりました。ちょっと趣味してはやり過ぎな部分も多いが、飽きっぽい自分がよくもこんなに続けて来れたのだと思う。

これから先どれくらい続けれるか分からないし、環境によっても趣味最優先って訳には行かないかもしれない。それでも可能な限りライフワークとしてやっていきたい。

◎他の写真はこちら