花火の心得

花火の心得 オフィシャルサイト of Masashi Hiruta ― 日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に伝えたい ―

東京都

第27回 東京湾大華火祭 (最後)

投稿日:2015年8月8日

東京湾大華火祭が今回で最後らしいので行ってきました。原因は、2020年開催の東京オリンピック。メイン会場である晴海周辺では選手村の設営工事が始まる様で、今の場所では花火大会ができないみたいです。

長い間東京に住んでいたにも関わらず、実は初観覧の花火大会。  チケットは運良く知人に譲って頂いたおかげで晴海主会場で見れました。

担当煙火店 丸玉屋ホソヤエンタープライズ
打ち上げ数 約12,000発
最大号数  15号玉

正直な所、そんなに期待はしていなかったのだが、全6部の構成で15号玉が8発、10号玉が130発と予想以上の規模。やはり最後なので、気合が入っているのだろうか…。

第一部 東京湾大華火祭、グランドオープニング
第二部 夏休み、思い出の花火絵日記
第三部 東京湾、ニューウエーブ花火パフォーマンス
第四部 江戸花火、技と伝統の宴 (日本煙火芸術協会作品) 
第五部 東京湾、天空の舞い
第六部 東京湾大華火祭、グランドフィナーレ -未来への架け橋-

18:50より打ち上げ開始。まだ暗くなっていないので、早過ぎる打ち上げだとも思いつつ、これで最後だと思うと撮影にも気合が入る。

基本的には一つのプログラムの終わりに、最大号数である一尺五寸玉が打ち上がる構成。メイン会場でもその大きさは十分に伝わってきました。

そして、第4部では一番楽しみにしていた日本煙火芸術協会作品による尺玉の数々。担当によっては対打ちもあり、見応え充分な内容です。

【日本煙火芸術協会作​品】 昇小花潮騒のメモ​リー 細谷圭二

【日本煙火芸術協会作品】昇分火ステンドグラス千輪菊 菅野忠夫

途中では、立体的なスターマインも打ち上がり演出も高評価。やはりメイン会場で見れたのは良かったです。

そして、グランドフィナーレには銀冠菊の尺玉大連発。これでもかと言うぐらいに、沢山打ち上がりました。最後に相応しい内容だった様に思います。

有終の美を飾った東京湾大華火祭。やはり花火大会がなくなってしまうのは残念ですが、無事に晴れ姿を撮影できた様に思います。いつの日か東京湾大華火祭が復活するのを期待しています!

◎他の写真はこちら

-東京都
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

第51回 葛飾納涼花火大会

今年も葛飾納涼花火大会へ行ってきました。天気予報が良くないので、時間ギリギリまで状況を見てから出発してみた。どうやら他の観客も同じ様に考えていたのか2時間前に現地へ到着してもそんなに混雑はなかった様な …

【最新花火情報2017】北区花火会 徹底解析

北区花火会 注意事項 10月第2土曜日(2017年10月14日)に東京都北区で開催される北区花火会。今回で第6回目の開催となります。昨年に引き続き静岡県の株式会社イケブンが担当する事になり、都心では貴 …

お台場レインボー花火

お台場レインボー花火 2014-1

12月の土曜日に毎週開催されているお台場レインボー花火。以前から電車内での広告などで知ってはいたのですが、たった10分間の花火なので、あまり気が進みませんでした。 しかし、今回は友人の結婚式に出席する …

TOKYO数寄フェス

TOKYO数寄フェス 2016

知人から教えて頂いた事もあり、10/21~23の3日間、上野で開催されているTOKYO数寄フェスに行ってきました。このアートフェスティバルは、日本文化と芸術を広く国内外に発信する為に行われているそうで …

Winter Vista Illumination

国営昭和記念公園 Winter Vista Illumination 2015

東京都立川市にある昭和記念公園の花火に行ってきました。Winter Vista Illumination 2015 JR立川駅から10分程度で到着するのだが園内は結構広く、チケット売り場までも結構距離 …

写真撮影を通して全国の良質な花火文化の記録や保存、拡散を目的として活動しています。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイトの文章や画像の無断転載を禁止しています。
プロフィール詳細
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
お問い合わせ