東日本大震災より4年と5ヶ月。今年も東北10数ヶ所で、LIGHT UP NIPPONの花火が一斉に打ち上がる季節がやってきました。僕も昨年同様、福島県いわき市久ノ浜へ撮影スタッフとして第2回 浜の夏祭りに向かう事に…。

そして、何と昨年撮影した僕の花火写真が ポスターとチラシに使用される事になっていました。 右下にクレジットも入れて頂いております。

まつり会場に到着すると大会本部である浜カフェなどにも、かなり大きなポスターが沢山貼られていて凄かったです。

ホームページや各地に提出する報告書だけでなく、こうして紙に印刷して頂けると少しは役に立っている気がします。

13時からイベント開始。会場には様々な露店が並びました。LIGHT UP NIPPONのブースもあり、Tシャツやハナビールなどのグッズ販売やグリコやコカコーラ社から提供して貰ったお菓子などを配ったりと大忙し。

また、特設ステージでは地元グループを中心とした歌や踊りなどの出し物が披露されます。

花音 いわき市を中心に活動するボーカルとピアノの女性ユニット。今回は諸事情でボーカルの岡崎奈津美さんのみの出演でした。心が和み、力強くもあり、良い曲ばかりです。

そして、LIGHT UP NIPPONを応援しているSuzKenさんのライブ。今年もツチヤナナミさんとの競演で弾き語り。お二人とも全国各地で活躍している様なので機会があれば聴いてみてください。

また、いわき市のご当地アイドル、アイくるガールズ。去年よりファンが増えていて、びっくりでした。後方からの応援が凄くて一般の人は少し引いてしまっていた様です(笑)
 

個人的に好きな子供達による黒潮流みつもり太鼓。全員が一体となっていて迫力もあり格好良かった。他にも色々なグループがあったけどこんな感じです。 

19:00から約10分間、LIGHT UP NIPPONの追悼花火。坂本龍一氏演奏の「赤とんぼ」に合わせて打ち上げられます。天候は微妙でしたが、全箇所打ち上げ成功でした。

その後は、参加者全員で盆踊り大会。太鼓を囲い、櫓からは歌が聞こえ、子供大人関係なく踊っている姿が微笑ましい。

最後にも花火が打ち上がりました。久ノ浜には花火玉を糸井火工が提供しており、昨年より若干、質が上がっていた気がしました。

 

今年も無事に開催できて良かったです。津波、原発と大変だったいわき市久ノ浜。段々と新しい建物が並び、震災の跡は減っています。

もう、戻らないものも沢山ありますが、 祭りを楽しんでいる街の人達を見ると嬉しく思います。来年も東北各地で花火が上がる事を願いつつ。「東北を、日本を、花火で、元気に。」

◎他の写真はこちら