全国新作花火競技大会に行ってきました。ここは同じ場所で諏訪湖祭湖上花火大会も開催されるのですが、夏場はいつもタイミングが合わず行った事がありません。 

競技ルールは10号玉2発5号玉15発を使い、テーマに沿ったミュージックスターマインで競い合います。出場権利者は職人暦25年未満の若手花火師のみ。

19:00より打ち上げ。開始早々、2番手の伊那火工堀内煙火店からいきなり凄い花火が打ち上がった。

テーマ性、創造性、芸術性の全てが素晴らしく、すぐに「これは決まった」と感じました。予想通り、優勝である経済産業大臣賞を獲得しました。

【経済産業大臣賞】 2 「♪ほ・ほ・ほ~たる​来い♪蛍乱舞」 長野県 村上淳 伊那火工堀内煙火店

準優勝は1番手に打ち上げた野村花火工業の花火。競技大会では数多くの作品を審査するので、通常、後半に出番の方が有利な傾向だったりなのですが…。

【準優勝】1「光のダンス」茨城県 新堀雄一 野村花火工業

以下、入賞作品です。 おめでとうございます!

・奨励賞(長野県知事賞)
ここに咲く紫陽花の華  柿木 博幸 (株式会社柿木花火工業)

・殊勲賞(諏訪市長賞)
光の楽園 柿本 尚輝 (株式会社マルゴー)

・技能賞(一般社団法人 諏訪観光協会会長賞)
諏訪湖に煌めく宝石万華鏡 中嶌 結希(株式会社イケブン)

・敢闘賞(信濃毎日新聞社賞)
女王蜂と働き蜂 丸山 和晃 (信州煙火工業株式会社)

各社、趣向を凝らした作品揃いでした。 ただ良かった悪かったではなく、どう良かった悪かったが少しは自分の中で分かってきた気がします。

フィナーレは、大迫力のKiss of fire 以前はこれを目的に見に来ていましたが、競技がメインであくまでもオマケの位置付けなのが理解できた様に思います。

Kiss of fire

花火終了後は、表彰式の会場へ。知り合いの花火師さんが入賞したので、お祝いも兼ねて挨拶に行こうと慌てて機材の片付けをする。
 

相変わらず、記念撮影係りになってしまいましたが、少しはお話しができたので良かったです。

花火の芸術性は審査員の好みにもよるので、良い花火が必ず入賞する訳でもないけれど、他の人に評価して貰えるのは嬉しい筈です。最近は、ほとんど出さなくなってしまいましたが、恐らくフォトコンテストと一緒なのでしょう。

◎他の写真(全プログラム撮影済み)