昨年は行けなかった新潟県小千谷市の片貝まつりへ。正式名称は浅原神社秋季例大祭奉納大煙火と言います。

今回はたまたま新潟県を旅行中の友人がいたので誘ってみた。初めてであれば、桟敷席近くの方がよいだろうと思い、レージャーシートを敷いて場所を確保する。

待ち時間にはお笑い芸人の笑い飯 哲夫さんが来ており、境内でDVDの販売会を行っていたので購入。 彼は今年花火の良さをテレビで沢山語ってくれました。

花火が2倍楽しくなる笑い飯哲夫のおもしろ花火講座

彼は、ここの奉納花火もして頂いていたりします。

19:30より打ち上げ開始。観覧場所にした所は見るだけなら問題ないのだが、屋台が目立ち過ぎて、写真撮影だとイマイチでした。

そんな訳で街中を散策しながら撮影を決行してみる。片貝まつりは3時間近くもある花火大会なので、他の花火大会ではなかなか出来ない事がここでは出来ます。

民家など添景にできる場所で次々と撮影してみる。毎年、同じ場所での撮影では得られない新しい感覚です。

花火中に街中を練り歩き、屋台を引く子供達の楽しそうな笛の音と唄い声が心地よかった。生まれた時から花火がある環境に想いを寄せてみた。

特に浅原神社前では結構粘ったのだが、やはり画角的に無理があり何とか撮れた一枚です。 

色々な発見があり、一日目はここで終了。四尺玉の撮影もしましたが、諸事情により公開はできません。片貝まつりは色々と楽しみがあって素晴らしいです。

誘った友人も迫力に圧倒されて大満足だった様です。 本日は来迎寺駅から2つ目の宮内駅で宿泊しました。

◎他の写真はこちら (9/9~10の2日間の写真)