片貝まつりの2日目。今回は初めて長岡にある花火資料館、花火の駅 長岡花火ワールド 悠を訪れてみました。 

花火の駅 外観

到着すると長谷川館長が出迎えてくれました。流石、花火好きが高じて作っただけあり、展示物はどれも価値のあるものばかりです。

様々な展示物を拝見していると以前に打ち上げ現場付近で拾った欠片の謎も解けました。どうやら昼花火の残骸だった様です。 

 

また、花火の写真展も定期的に開催している様で、新潟の花火愛好家はよく飾らせて頂いているみたいです。僕も恒例の2L写真展に誘われてしまいました。

予想以上に長居してしまい、昼花火の時間が迫って来たので慌てて片貝まつりの会場に戻る。日中は桟敷席も無料開放しています。

 

花火が終了すると同時に天候が悪化し本降りの雨になった。友人の車に退避させて貰えたので助かりましたが、結局、その後も晴れる事はなく雨での撮影が決定する。

今日は以前撮った事のある場所で三脚を設置した。何とか撮影はしてみるのだが、レンズに付く水滴を拭いても拭いてもキリがない状態になってしまう。 

終盤では霧と水滴でレンズが大変な事になり、とても撮影する様な状況ではありません。結局、ほとんど観覧中心になってしまいました。

 

何とか最後まで無事に打ち上げが終わって良かったです。僕が本格的に花火に夢中になった片貝まつり、2日目は残念でしたが、また来年も訪れたいものです。

◎他の写真はこちら (9/9~10の2日間の写真)