本来、7月18日に開催される筈だった伊勢神宮奉納全国花火大会。天候不順で延期になり、代替日は9月12日になりました。

7月はいつも日程的に無理があって行けなかったのですが延期発表時にとりあえず宿だけは確保してみた。

売り切れだった観覧チケットも知り合いが用意してくれたので三重県伊勢市へ向かう。これで日本三大花火競技大会を制覇しました。

打上花火の部 5号玉3発・10号玉1発(優勝者:観光庁長官賞)
スターマインの部 玉数・時間制限あり(優勝者:国土交通大臣賞)

19:20より打ち上げ開始。今回は打ち上げ部門45業者、スターマイン部門が10業者が出場。

【標準花火】齊木煙火本店 齊木克司 5号「パステルの煌めき」 10号「昇曲導付八重芯パス​テル菊」

まず、花火競技大会では標準審査玉が打ち上がる。通常70~80点ぐらいを基準にするのだが、いきなり凄い花火が打ち上がったので驚いた。

優勝は山梨県のマルゴー観光庁長官賞が授与されます。全国花火競技大会 大曲の花火で打ち上げた競技玉の変則形で、これを見れただけで来た甲斐があったし、大満足でした。

誰しもが納得の優勝だったのでないでしょうか。最近のマルゴーは、時代の一歩先を行っている気がする。 

優勝 マルゴー 齊木智徳 5号「フラワーリング」 10号「昇り曲導付三重芯変​化菊」

スターマインの部も、何とマルゴーが優勝。国土交通大臣賞を授与。神明の花火グランドフィナーレの様なスターマインでしたが、初めて見た人達は驚いたのではないでしょうか。

煙が少ない単発打ちが多い競技大会なので、風向きをあまり気にしていなかったのは反省点でした。 

優勝 マルゴー 齊木智徳「哀愁と情熱」

また、今年は伊勢市制施行10周年記念事業の一環として、地元花火師によるスターマインが行われました。

【大会記念スターマイ​ン】伊勢市制施行10周年​記念事業

グランドフィナーレは伊勢神宮の場所なので、神宮式年のイメージソングを使った「鎮守の里」ワイドスターマイン。

【グランドフィナーレ​】大会提供ワイドスター​マイン♪

じっくりと競技玉を見るには良い場所だと思います。ただ、花火の事を知らない一般のお客さんは淡々と打ち上がる競技玉を見てどう思うのだろう。

競技大会と納涼花火大会。この違いさえも理解していない来場者は大勢いるだろうし、ただ珍しい花火だけで片付けてしまうのは勿体無いです。

初めて花火を見る人でも競技大会の良さを理解する良い方法はないだろうかと考えてしまいます。

◎他の写真(全プログラム撮影済み)