2015年、最後の花火大会。ツインリンクもてぎ 花火の祭典 “冬”。今年も無事に、この花火に行ける事に感謝です。

以前と同様に宇都宮駅で花火仲間の車で拾えた。その道中、春夏秋冬と年4回開催していた花火の祭典が今後は夏と正月の年2回になるとの情報を聞いた。花火撮影の難しさの多くを学んできた場所なので非常に残念ですが、色々な事情もあるのだろう…。

現地に到着すると年末にも関わらず沢山の花火愛好家が勢揃い。一年間お世話になった人達に御挨拶ができるのは有り難いです。

17:00から打ち上げ開始。担当は群馬県の菊屋小幡花火店。最大号数は20号玉。確かに冬の打ち上げは早い時間になる事が多いのだが、あまりにも早い時間で大丈夫か不安の中でのスタート。 

プログラムが進み、途中で錦冠菊の引き火を演出なのか、かなり落とした結果、コース内が火事になってしまいました。

見る分には結構迫力があって良かったのですが、燃えた範囲もそれなりにあった様で、消火活動にしばらく中断。幸いにも下はコンクリートなので大事にはならず…。

そして、今回の一番の見せ所、和火一色でのスターマイン。扇や大玉を駆使しての演出で構成も面白かった。ラストにはモノクロームの金華の2尺玉が開く!

直前で撮影場所を変えたのが正解だったのか、何とかフレームに収まってくれて、ホッと一安心。形も大きさも素晴らしく見応えある1発でした。  

ラストは銀冠菊のスターマインで白夜のフィナーレ。北は青森県、南は沖縄県と全国各地に出かけ、今年も沢山の花火を見れた事に感謝しながらシャッターを切る。 

今年は雨の中での撮影に泣かされましたが、全53ヵ所の観覧で過去最高数なってしまいました。しかし充実した一年を過ごす事ができた様に思います。

全国各地でお会いした花火好きの皆様、協賛して頂いた皆様、花火大会の実行委員やボランティアスタッフなど運営の皆様、そして、花火師の皆様、ありがとうございました。

まだまだ知識も経験も撮影技術も全然足りないとは思いますが、本物の花火文化を後世に残すお手伝いができたらと思っています。来年も花火の心得をどうぞ宜しくお願い致します!

◎他の写真はこちら