2月23日は富士山の日と言う事で河口湖・冬花火に行ってきました。毎週土日に開催されていた花火も今回が最終日です。そんな訳で訪れてみた河口湖。今回も何とか富士山を入れて写真を撮りたい所ですが、月は綺麗でも雲も出ており、前回の様には見れなさそうだった。

ロケハン中には担当煙火店である齊木煙火本店と書かれたトラックがあり、知り合いの花火師さんが丁度待機していた様で、ご挨拶できて良かった。結局、今回はしっかり花火を見ようとメイン会場近くの場所に決めた。三か所から打ち上がるので一番多く見れる場所を狙って三脚を設置する。

20:00 打ち上げ開始。最大4号玉にも関わらず、場所が良かったのか大迫力。多分、観覧だけなら一番のポイントだったかも知れない。残念ながらメイン側は風向きが悪かったので、すぐに煙ってしまったのですが、反対側の打ち上げ場所の花火は風が流れてクリアに見え、月と花火が綺麗に撮れた。しかも、湖面反射付きです。

最初は一人で撮影していたのですが、どうやら良い観覧場所なのが知られてしまった様で、大学生くらいの観光客が続々と集まって来てしまった。急に騒がしくなり、落ち着いて観覧はできなくなりましたが、皆さんとても喜んでいた様で良かったです。ラストは銀冠菊のスターマインで終了。

そう言えば、2/17の深夜に毎日放送のテレビ番組「おとな会」で冬の花火をテーマに齊木煙火本店が特集されていました。今年で19年目になる河口湖・冬花火。本来、冬の間は花火玉の製造で忙しい時期にも関わらず、寒い中でも心温まる花火を見せたいと言う想いで頑張ってきたそうです。実際に冬花火を目当てに来る観光客も増え、地元の旅館やホテルでは売り上げが3~4倍にもなっており、多くの人が花火を求めて訪れているようです。そして、夏には河口湖湖上祭が行われます。何と今年は第100回目の開催!きっと記念プログラム花火がありそうな予感がします!

◎他の写真はこちら