東日本大震災より5年。多くの亡くなられた方々への御冥福をお祈り申し上げます。

僕は幼い頃、福島県いわき市で育ちました。今でも親戚が住んでいるので、たまに帰ってお世話になったり、祖父母のお墓参りに行ったりと大切な場所です。

今回は、震災5年の節目と言う事もあり、なこその希望プロジェクト2016 ~5年目の3.11~に向かいました。

小浜海岸

主催者は、なこそ復興プロジェクト。2011年より、被災者の生活支援や各種イベント、震災の状況を全国に伝えたりと様々な活動をしてきております。

初めての場所だったので、事前に問い合わせてみた所、開催場所や花火についてなど色々と教えて頂きました。

14:00~15:00 追善供養、黙祷(14:46)
18:30~ キャンドル点火、 トゥインクルハート点灯
19:00~ 希望の花火打ち上げ

場所:小浜海岸
担当煙火店:湘南花火
最大号数:4号玉

担当煙火店である神奈川県の湘南花火さんは震災1年後の2012年より、毎年この時期にいわきで追悼花火を打ち上げに来ており、「今回は是非とも小浜町で」との事で、この場所に決まったそうだ。

しかも、運営の方に聞く所、この花火は手弁当でやってくれているらしい。震災直後だけでなく、現在も続けているのは本当にありがたい事です。なかなか他の人に真似のできる事ではありません。

19:00 花火の打ち上げ開始。 階段や通路に沿ってキャンドルが立ち並び、ハート型のイルミネーションでアーチを照らす。

今回は慰霊の花火なので、品質ではなく、打ち上げる事に意義があると思っていたのだが、なかなかどうして良い花火が打ち上がった。

花火自体は5分程で終了してしまいましたが、演出も凝ったのがあり、見応え十分でした。きっと亡くなられた方も花火に込めた想いを受け取ったと思います。

また、担当花火師さんとも交流が持てたし、お世話になった運営の方に渡せる写真も何とか撮れたので、 それも含めて良い花火でした。
 
そして、花火終了後、砂浜で見掛けたものが…。NPO法人おぢや元気プロジェクトによる応援メッセージ。

おぢやとは新潟県小千谷市の事です。世界最大の四尺玉の花火、あの片貝まつりの開催地。これは僕にとって、かなり嬉しかったです。

また夏にはLIGHT UP NIPPON もあるだろうし、今後も自分のやれる範囲で何かやれたらいいなと思っています。

◎他の写真はこちら