たまたま新潟県で凄い花火が打ち上がると非公開の情報を掴んでしまったので、花火仲間数名で駆けつけてしまいました。

何故、花火大会なのに情報を規制するのかとも思うのですが、その最大の理由は警備上の理由に関わってくるのです。

みんなが安全に快適に花火大会を楽しむ為には、会場設営費、警備費、ゴミの処理費用など、人が集まれば集まる程、どうしても多額のお金が掛かってしまうものなのです。

そんな訳で、実際に受け入れ態勢が整っていない田舎のお祭りでは花火大会に限らず、こう言った事がままあります。 

18:20 打ち上げ開始。予定より10分遅れてのスタートでした。現地到着時には、雨風が強く、開催も危ぶまれる天候でしたが何とか持ち直し、無事に打ち上げが始まった。

変色イルミネーション

5号玉2発ずつの打ち上げが52セット繰り返され、ラストはスターマインでのプログラム。 情報通り、芸術玉の数々が素晴らしい!

虹色シャボン玉

そして今年、一押しの花火玉。水光星(すいこうせい)。昨年の長野県湯田中で見て以来、久し振りでした。

年々新しい花火が生まれるこの業界は面白くもあるのですが、段々と複雑な作りになってくるので、動的な部分が多くなり写真で撮れる限界をも感じたりしています。

水光星

終盤に差し掛かると、急に雲が移動し始めたのか、先日の秋田県大曲での新作花火コレクションの悪夢が再び…。まさかの濃霧です。今年は安定しない花火撮影が多いなぁ。

芯入ふぞろいの華

これにより、5号玉数発とラストのスターマインが撮影不可能になってしまった。まぁそれでもプログラムの大半は見れたし、感動する花火を沢山味わえたので、大満足な内容でした!

ちなみに、この花火大会名は新潟の花火と言う名前ではありません。また不定期開催であり、場所も同じ場所での開催と言う訳ではありませんので、ご了承を…。

◎他の写真はこちら(5号玉3プログラム&スターマイン撮影不可)