毎年5月3日と言えば、花火愛好家であれば、ツインリンクもてぎ 花火の祭典 ”春”が定番だったのですが、残念な事に今年から夏と正月の年2回のみ。

何処かで花火やってないかなと思っていたら、東京都あきる野市で神霊教 奉祝花火大会があるとの情報を貰った。花火会場である聖地・万寿山と呼ばれる場所へ到着すると外来用のバッジを渡されただけで、あっさり敷地内に通してくれた。どうやら地元の一般の方も普通に見に来る花火大会らしい。

しかし、実はこの花火大会、敷地内での撮影はNGの様だ。理由としては、神聖な建物があるので写真は撮って欲しくないとの事。三脚を持っているだけで注意されますので、ご了承を…。

テントより右の敷地外であれば三脚OK

坂道を登っていくと、高台からの観覧場所が用意されている。筒場こそ木に隠れてしまって見えないが、正面には仕掛け花火が設置されているのが分かる。

担当煙火店は、地元の株式会社ホソヤエンタープライズ。花火の打ち上げ中は解説もしてくれるらしい。観覧だけであれば音楽も聞こえるし、多分、中で見た方がいいです。

19:00より40分程の打ち上げ開始。最大号数は4号玉。いつも通り何か添景を入れて撮影しようと看板を入れてみたのだが、何だか信者の人しか必要としない写真の様な気がした(笑)

パステル千輪菊

最後の方になるとスターマインの構成になり、それなりに豪華な打ち上げ方になってきた。メインの観覧場所であれば、噴出系の花火もしっかり見える様です。

スターマイン

撮影中には信者数名の方に花火撮影について色々と聞かれ焦りましたが、また来てくださいと言って頂いて良かったです。来年は教祖様御誕生70周年記念の様で、花火プログラムもきちんと組んで豪華な開催をするらしい。

また機会があれば行ってみたいのだが、やはり正面からの撮影場所があるといいなぁ…。 神霊教の皆様、お世話になりました <(_ _)>

◎他の写真はこちら