2年振りに、栃木県佐野市のくずうフェスタに行ってきました。鉱工業の発展と従事する人々の安全を祈願して開催されるお祭り。

今年は例年より、玉数も2,000発増量して10,000発になった様だ。時間も1時間半と長丁場で、この時期には珍しい大型の花火大会です。担当煙火店は須永花火株式会社

そして、今回は凄い芸術玉が上がるとの情報をキャッチした。その中には、個人的にイチオシのあの玉も…。

場所取りも兼ねて午前中には、現地へ到着したのだが、定番の撮影スポットはかなり有名になってしまい既に三脚が並んでいた。対岸では打ち上げの準備も着々と進んでいる。

打ち上げ準備中

19:15より打ち上げ開始。折角の風上への移動も虚しく、序盤は無風状態で煙が…。オープニングはミュージックスターマインでスタート。

オープニング・ワイド・ミュージックスターマイン

基本的に花火玉数発の早打ちとスターマインでの構成。撮影位置を変えて田んぼの水面反射やストロボを使ったりと辺りに人がいない場所だったので撮影がしやすかった。

水鏡花火写真

そして、全国花火師銘花競演のプログラムに…。全6社の凄腕煙火店が作った5号玉を3発ずつ打ち上げ。

今回は新作の花火も混じっていて素晴らしい。一つ一つが精巧で、丁寧に作られており、職人の心意気を感じました。これだけでも遠方から見に来る価値があると言うものです。

(佐賀県)株式会社 唐津煙火 昇り曲分砲つき きらめくブーケ

(長野県)アルプス煙火工業株式会社 昇り曲つき 緑輝芯 水光星

最後もミュージックスターマインで終了。予報ではあまり天気は良くなかったのだが問題なく見れて良かった。 夏の時期でもないのに、大掛かりな花火大会を開催して頂いて感謝です。

ファイナル・ワイド・ミュージック・スターマイン

実は、今回は開始前に、3/11のなこその花火で知り合いになった神奈川県の湘南花火の花火師さんもお手伝いに入っている関係で、特別に須永花火の方にも話を伺う機会が得られました。

当日のプログラム情報や担当している現場の事、そして今年10回記念であるうつのみや花火大会について等、お忙しい中にも関わらず、貴重なお話をありがとうございました。

◎他の写真はこちら