花火の心得

日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に「写真」を通して伝えたい。

神奈川県

第35回 横浜開港祭

投稿日:2016年6月2日

横浜開港祭に行ってきました。毎年、6月1~2日に開港の記念日を祝うお祭りです。

イベントの内容は、海上自衛隊護衛艦の一般公開や官公庁艇パレード、数々のテントが立ち並ぶ出店先では催し物などが行われ、ラストにはコカコーラ社によるビームスペクタクルinハーバーの花火。

今回は、以前から少し関わってきた2011年より東北で花火を打ち上げる活動をしているLIGHT UP NIPPONブースでのお手伝いに参加する事にした。

 

オリジナルTシャツの販売、募金活動やチラシ配布、花火の玉皮に応援メッセージを書いて貰うメッセージ花火。そして、僕はカメラマンとして記録撮影にも携わった。

メッセージ花火

実は以前よりSNSでボランティアスタッフとして僕がブースにいる事は伝えてあったのですが、当日は予想以上の花火仲間が来てくれて本当に嬉しかった!

みんな募金をしてくれたり、Tシャツを買ってくれたりと、花火を見る前なのに、その気持ちに感動しました。スタッフのみんなも花火愛好家の集まりに驚いていた様です。

当日のインタビュー(はまっこストリーム

19:20からは花火の打ち上げ開始。担当煙火店は山田の花火。最大8号玉で、30分程度の内容です。メイン会場では、花火以外にもステージライトの演出、レーザー光線や火炎放射が音響に合わせて交錯する。

そちらでの撮影も捨てがたいのだが、今回は折角、スタッフのみんながいるので、初めての集合写真+花火に挑戦してみた。

色々と失敗している所もあるが、今回の及第点はこんな感じ。夏の花火では人の混雑で難しいとは思うけれど、また機会があったら是非とも挑戦してみたい。

その後は普通に花火鑑賞&撮影。当たり前の話ですが、人物+花火の撮影で沢山の花火をスルーしてしまったので、今回はあまり撮れていません。

 

最後は銀冠菊のスターマインで終了。撮影に没頭しすぎて、花火をあまり見れずに残念でしたが、大玉は素晴らしいのがいくつもあった様に思う。

何故か毎年参加してしまっている横浜開港祭。いつも花火だけ見て帰ってしまうけれど、ボランティアスタッフをしたお陰で充実した時間を過ごせました。

今後も無理のない様に、自分のやれる範囲でLIGHT UP NIPPONの活動に携わっていこうと思う。皆様、お世話になりました <(_ _)>

◎他の写真はこちら

-神奈川県
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

秦野たばこ祭

第67回 秦野たばこ祭

秦野たばこ祭に行ってきました。毎年9月の最終土・日の2日間で開催される。 この祭りは葉たばこ耕作者の慰労の為に始まったのですが、現在、秦野市ではタバコは全く作られておらず、最後の農家が栽培を終えたのが …

湘南ひらつか花火大会

第65回 湘南ひらつか花火大会

平日の開催にも関わらず、昨年良かったとの噂で行ってみました。神奈川県の湘南ひらつか花火大会。平塚駅前から出ているバスに乗って現地へ。 担当煙火店:丸玉屋小勝煙火店 打上げ数:約3000発 最大号数:1 …

湯河原温泉海上花火大会

湯河原温泉海上花火大会 2016

3連休の最終日は神奈川県の湯河原海上花火大会。今年は、7/18、8/3、そして11/3と3日間も開催する様です。 昨年の感動をもう一度味わいたくて、僕が楽しみにしていた花火大会の一つです。 夕方頃にメ …

逗子海岸花火大会

第59回 逗子海岸花火大会

今年も逗子海岸花火大会にやってきました。都心からも近いし、何故か毎年通ってしまいます。 昨年の様に豪雨と言う事はなさそうだが、強風予報が出ており、メイン会場は完全に風下なので、撮影場所を探す為にも早め …

第6回 いせはら芸術花火大会

神奈川県伊勢原市のいせはら芸術花火大会に行ってきました。昨年は資金不足の為に休止しており、2年振りの開催。良質な花火大会を運営するには資金が掛かるのは頭の痛い問題。少しでも経費削減の為に地元の方を始め …

花火写真家として全国の良質な花火文化を記録や保存、そして拡散を目的に活動しています。年間で30~60回程度の花火撮影を行います。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイト掲載の文章や画像の無断使用を禁止しています。
プロフィール詳細
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
リンク集
お問い合わせ