花火の心得

花火の心得 オフィシャルサイト of Masashi Hiruta ― 日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に伝えたい ―

茨城県

ひたちサンドアートフェスティバル 2016

投稿日:2016年7月17日

以前より一度は観てみたかった、茨城県日立市のひたちサンドアートフェスティバル。花火自体はフィナーレとしての位置づけで、10分程度しかないのだが、その内容が素晴らしいとの事。

ただ、花火開催の少ない冬なら兎も角、夏は沢山見れる時期なので正直なかなか足が遠のいていた場所でした。

イベント会場の河原子海水浴場では、まずサンドアートに驚きました。写真では何度か見た事はあっても実際に本物を見ると、その精巧さ芸術性が素晴らしい!

 

海外からもアーティストを呼んでいるらしく、僕のお気に入りの作品はこの女神像でした。予報通りの雨が降ったら作品も台無しだったので本当に良かった。

 

メインステージでは、子供から大人まで様々なダンスなどの演出を行い、海岸では小型砂像制作体験、クルージング体験。そして、屋台グルメ王座なんかのイベントもやっていました。

 

花火の時間が近づくと砂浜は保安距離の為に封鎖され、メイン会場に人が集まってきた。意外に花火目的の人も多く、段々と有名になりつつあるのだろうか…。
 
劇場型花火とポスターにも銘打たれ、担当煙火店の野村花火工業の名前が大きく載っている。花火前には野村社長とお会いする事ができ、また記念撮影に応じて頂いてしまった。いつも撮影役なので、結構な枚数が僕のフォルダーに入っています(笑)

20:00頃から打ち上げ開始。最大号数は8号玉。3曲続けてのミュージック花火。

 

近い!近すぎる!最近は撮影の為に絵作りに走る事が多く、久し振りに超至近距離での花火を見れました。

 

風向きが良くなかったので、煙で撮影は残念ではあったものの、様々な色の変化は十分に見る事ができて感動しました。黄色を含んだ新しい時差式の花火も発見!

 

途中からは、写真的に絵にならないと判断し、ばっさりと横を切った縦構図に…。鑑賞の原点を思い出した様な素晴らしい内容でした。

今年も野村花火工業の勢いは健在で、各地で同社の花火を見るのが楽しみになってきました。また来年も行きたい場所です!

◎他の写真はこちら

-茨城県
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

きらっせ祭り

第32回 きらっせ祭り

圧巻だった全国花火競技大会 大曲の花火の翌日、どこか花火がある所に寄らないかと言う事で行ってきました。向かった先は茨城県神栖市のきらっせ祭り。きらっせとは、茨城弁でいらっしゃいの意味があり、実は花火に …

第53回 常総きぬ川花火大会

今年はどうしても行きたかった常総きぬ川花火大会。前年にフォトコンテストで賞を頂いたのもあり、特別鑑賞チケットに自分の写真が使われているからだった。 チケット売り出し数を見ると1万枚近くが発行されており …

夜・梅・祭 2016

前日の花火より南下する形で、茨城県水戸市の夜・梅・祭に行ってきました。 水戸駅から少し離れた弘道館でも別の日程で開催されるのですが、花火が打ち上がるのは日本三名園の一つでもある偕楽園のみ。露店や各種イ …

第6回 大洗春まつり海楽フェスタ

今年も新作花火コレクション→海楽フェスタの流れで来れました。年々、参加者が増えていくガルパン祭りですが、花火費用も寄付金の一部で賄っていたり、周辺のお店では料理のメニューにガルパンに因んだタイトルをつ …

鉾田花火大会

2016年 鉾田花火大会

茨城県の鉾田花火大会に行ってきました。2年に1度の貴重な花火大会。 本来は16日に開催だったのを19日に変更されましたが、延期した本日も天候があまり良くありません。雨こそ降っていないのだが、雲が低く花 …

写真撮影を通して全国の良質な花火文化の記録や保存、拡散を目的として活動しています。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイトの文章や画像の無断転載を禁止しています。
プロフィール詳細
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
お問い合わせ