長野県で開催される須坂みんなの花火大会に行ってきました。以前より一度は行ってみたかったのですが、帰りの足がないので、どうするかで迷っていました。

同日には、他の花火大会も各地でやっており、翌日の予定もあったので、近場の花火にしようかと思っていた所、帰りは車に同乗させてくれる人が居たので、長野行きを決めました。

当日出発で、新宿→須坂ICまでの直通バスで向かう事にした。 花火会場までは結構歩いたけれど、流行りのポケモンGOをお供に…(笑)

会場に到着するとまだ人も全然集まっておらず、のんびりした田舎の雰囲気が心地よかった。

と、それよりも目に付いたのが打ち上げ距離の近さ!写真を見て貰うとわかるのだが、小さな川を挟むとすぐに打ち上げ筒が見える。信州上田大花火大会のメイン会場といい勝負の至近距離だ。

長野県の保安距離は一体どうなっているのやら…(笑)風向きが悪いと後方に打ち上がりそうな感じです。

 

19:45から打ち上げ開始。担当煙火店は地元須坂市の有限会社篠原煙火店。45分間の内容で最大号数は7号玉。

メイン会場裏手の運動場から撮影するのが定番だそうだが、松林が入ってしまうのが、どうしても気になってしまい斜めからの観覧にはなるが右手側に移動。

まずはメッセージ花火。7号玉、5号玉、スターマインと順に打ち上げる。予想以上に至近距離で慌てて移動した。品質は流石の内容。

 

ようやくある程度、落ち着いた場所に移動できた。メイン会場からはかなり斜めになってしまったが、この際仕方なし。

続いて、ふるさとへの熱い思い -すざかの冬- 白を基調としたスターマインも入り、冬らしい花火なのだが、何故、今の時期に冬のタイトルが付いたのかは謎でした。(もしかしたら会場で説明があったのかも?)

最後は、蔵の町の花火浪漫 ~須坂みんなの花火~ 数曲で構成される15分間程のミュージックスターマイン。小さな花火大会とは思えない演出と色の美しさでした。

最後は7号玉を絡めてのスターマイン。次回は写真が撮れなくてもメイン会場で見たいものです。恐らく首が痛くなるのだろうなぁ…。

 

勿論、時差式などの流行の花火も良いのだが、周囲に流されない職人気質な所が見える篠原煙火店の花火。 花火は色の追及が全て。そんな事を思わせる内容でした。

今回は正直、撮影が大変な部分が多かったので、きちんと見れなかった部分もありました。 また是非とも行ってみたいものです。

◎他の写真はこちら