第100回記念の河口湖湖上祭に行ってきました。今年は、同日で信州上田大花火大会もあり、直前まで悩みに悩んだ場所です。

と言うのも、今年はNHK大河ドラマで真田丸が放送され、ゆかりの地である上田市では街が盛り上がっているからです。当然、花火大会も豪華なものになると予想していました。

しかし、よく調べてみると予算の変更はなく、逆に河口湖では特別プログラムが用意されているとの情報を得たので、直前まで上田に傾いていたのを急遽変更しました。

 

流石に冬の花火とは違い、100回記念の効果なのか時間前にも関わらずメイン会場には、かなりの人が集まっており、ケーブルテレビ専用のテントまであったりと意気込みが感じられました。 

19:30より打ち上げ開始。担当は齊木煙火本店で最大号数は10号玉。

この日は午前中に雨が降っていたのもあり、雲が低く、風も弱かったので煙の滞留が凄かった。打ち上げ数分でほとんど見えない状態になってしまう。事前に風向きは良くない事を知りつつも、折角の記念大会なのでメイン会場を撮影場所にしたのが失敗でした。

花火コンクール「夜空のコンクール」 株式会社マルゴー

物量があるスターマインのコンクールで見切りを付けて移動開始。風上は対岸なのでかなりの距離があり2km近くを歩きました。100回記念プログラムは歩きながら見るしかなく残念でしたが、撮影してもきっと撮れなかっただろう。

機材も重いし、大汗かいてまで何をやっているのか分からなくなりましたが、折角の花火を最良の形で残したい気持ちで頑張り、何とか無事に目的地に到着し撮影を開始する。

スターマイン

また、冬には見られない7~10号玉までの大玉もあり、齊木煙火本店の特色のある花火が数多く打ち上げられました。

大玉早打ち花火

そして、河口湖名物である孔雀花火。メイン会場からは扇花火と打ち上げ花火が重なって見える筈です。以前は冬にも打ち上げられていた様なのでまた復活して貰えないかな…。

孔雀花火「扇の舞」&大玉早打ち花火

その後、フィナーレを前に煙待ちの時間が入る事になった。放送が届かない場所では終了なのかと思って帰ってしまい、見れなかった人もいたのではないだろうか。

約10分後に打ち上げ開始。物量があるのですぐに煙ってしまいましたが、凄い花火が次々と打ち上がり、このフィナーレを見れただけでも河口湖に来た甲斐がありました。

フィナーレスターマイン「飛躍、新たな時代へ」

天候は残念でしたが、歴史ある花火大会の記念すべき節目に立ち会える事ができて良かったです。

◎他の写真はこちら