花火の心得

花火写真家 蛭田眞志 オフィシャルサイト of Masashi Hiruta ― 日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に伝えたい ― 

埼玉県

おかべコスモス祭 2016

投稿日:2016年10月9日

本当は全く予定していなかったのですが、埼玉県付近に行く用事があり、おかべコスモス祭に行ってきました。

岡部町と言う地名は、現在は深谷市に合併されて残っていないが、平成元年にコスモスを町の花と制定した記念のお祭りは今でも続いています。また、長さ約3kmにも渡って咲いているコスモス街道は地元の名所の様です。

駅から徒歩10分程度の場所にイベント広場があり、屋台が立ち並ぶ中、メインステージではよさこいなどが行われていた。

おかべコスモス祭 協賛企業一覧 

18:30より打ち上げ開始。担当煙火店は群馬県の球屋北原煙火店。最大号数は5号玉

やはり、ここに来たからには添景は祭りのメインでもあるコスモスを選びたい所なのだが周囲を探しても全然見当たらない。地元の写真愛好家は中学校付近から花火だけを狙っているのだが、それでは面白くないし、特別なプログラムが打ち上がる訳でもないのは知っている。

最終的に悩んで決めたのはメイン会場に置いてある鉢植え。周辺の光量も十分だし、撮影位置さえ気を付ければ何とかなった。

おかべコスモス祭 コスモスコラボ写真 

メイン構成は、3~5号玉を3発ずつ、もしくはスターマイン。打ち上げる前に必ず協賛企業の社名と宣伝文言を読み上げる。昔ながらの花火大会と言った感じで却って新鮮だった。

そう言えば、夏にこの辺で開催している深谷花火大会もそんな感じだったのを思い出した。最後はフィナーレのプログラムではなく、大型協賛企業のスターマインで終了。

おかべコスモス祭 錦冠菊スターマイン 

写真的にはコスモスとの撮影もできて満足でした。しかし、観覧だけだと2時間の長丁場になってしまうので、あくまでも街のお祭りなので雰囲気を楽しんでください。

◎他の写真はこちら

-埼玉県
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

秩父夜祭

平成25年度 秩父夜祭

秩父夜祭に行ってきました。京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに、日本三大曳山祭りに数えられているこのお祭り。曳山とは山車とも呼ばれ、車輪がついた神輿の様なものです。本来ならば、この山車を見るのが目的のお …

こうのす花火大会

第14回 こうのす花火大会

埼玉県鴻巣市のこうのす花火大会に行ってきました。この時期は花火鑑賞士試験や国民文化祭と秋田県大曲の花火に行っていたので久し振りの観覧になった。 ここは、鴻巣駅から結構歩くにも関わらず、既に駅前には人だ …

龍勢まつり

【最新花火情報2017】龍勢まつり 徹底解析

龍勢まつり 注意事項 毎年10月第2日曜日(2017年10月8日)に埼玉県秩父市で開催される龍勢まつり。埼玉県無形民俗文化財でもあり、国内でも3ヶ所でしか見られない貴重な日本文化になります。今後も末永 …

嵐山さくらまつり

第4回 嵐山さくらまつり

4月初旬と言えば桜の季節。SNSには桜の写真が溢れかえっているので、 自分も撮らねばと言う衝動に煽られ嵐山さくらまつりに行ってきました。 担当煙火店は有限会社神田花火。打ち上げ数が約2000発、最大号 …

【最新情報2017】秩父夜祭 徹底解析

秩父夜祭 注意事項 毎年、12月3日に埼玉県秩父市で開催される秩父夜祭。前日の2日にも宵宮(前夜祭)として小規模な花火が上がりますが、ここでは3日に焦点を当てて記載します。まず、秩父夜祭は花火でなく山 …

花火写真家として全国の良質な花火文化を記録や保存、そして拡散を目的に活動しています。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイトの文章や画像の無断転載を禁止しています。
プロフィール詳細
最新花火情報2017
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
お問い合わせ