毎年、個人的に外せない花火大会の一つでもある長野えびす講煙火大会。明治32年(1899年)から始まり、今回で第111回もの歴史があります。

これだけの長い間、継続できたのは商工会の御尽力があったからこそで、今年は長野商工会議所第18代会頭を務め上げた故・宮崎一治氏への追善供養の10号玉から始まった。

長野えびす講煙火大会 追善花火十号玉一発

故・宮崎一治氏 追善花火十号玉一発(手向けの花)

18:00より開会。僕は例年、土手の最上段で撮影をさせて頂いているのだが、普段は後ろから押し寄せる観客も今年は全然いなかった。やはり雪予報もあった事で特に地元の方の出足が遠退いたのだろうか。久し振りに寒さが厳しい長野えびす講煙火大会になった。

まずは個人協賛による特大スターマイン。長野県民歌「信濃の国」をBGMに打ち上げる。例年よりも、玉質や演出面が進化している気がした。

長野えびす講煙火大会 個人協賛特大スターマイン

個人協賛 特大スターマイン

続いて、第25回 全国十号玉 新作花火コンテスト。選抜された15業者による打ち上げで、結構楽しみのウェイトを占めるプログラムだ。勿論、各社良い花火を打ち上げてくれたのですが、今年は特に琴線に触れる程のずば抜けた内容の花火はありませんでした。最優秀賞を獲得したのは菅野煙火店。おめでとうございます!

長野えびす講煙火大会 全国十号玉 新作花火コンテスト 菅野煙火店 「初夏八重咲きの花」

最優秀賞 12.(福島県)菅野煙火店 「初夏八重咲きの花」

そして、開催数に合わせて打ち上がる十号玉八号玉七号玉111連発のプログラム。紅屋青木煙火店との合同プログラムではあるが、信州煙火工業の玉質には目を見張るものがあり、毎年来る度に各段に進化している煙火店で驚くばかりです。

長野えびす講煙火大会 十号玉八号玉七号玉111連発 「ザナドゥ」

十号玉八号玉七号玉111連発 「ザナドゥ」

そして、見所の一つであるミュージックスターマイン。まずは紅屋青木煙火店によるプログラム。今年は長野ゆかりの地であるNHK大河ドラマ真田丸が放送された事によりオープニング曲を使っての打ち上げ。

イメージカラーである紅色を基調とした花火で相変わらずの超ド派手っぷり。やはりシャッターのタイミングも掴めずに失敗写真が量産されてしまった。物量がありすぎるので、打ち上げ終了後の火災は定番行事です。

長野えびす講煙火大会 紅屋青木煙火店のミュージックスターマイン

長野えびす講煙火大会 紅屋青木煙火店のミュージックスターマイン

紅屋青木煙火店 ミュージックスターマイン

もう一方の担当煙火店、信州煙火工業ミュージックスターマイン。花火の種類も、色彩も飽きさせず、緩急をつけた演出の幅が本当に広い。物量で押す感じもないし、見る者を楽しませる内容だった。

近年では以前はあった2社間での実力の幅とかの話は全く聞くことがなく、この花火大会が益々楽しみになっている要因の一つだと思います。

長野えびす講煙火大会 信州煙火工業のミュージックスターマイン
 
長野えびす講煙火大会 信州煙火工業のミュージックスターマイン

信州煙火工業 ミュージックスターマイン

そして、最後の特別プログラムであるSpecial Thanks 8号玉100連発 特大ワイドスターマイ​ン。横幅いっぱいを使って打ち上げられ、全くカメラの画角に収まる様子がないので写真は諦めモード。

こちらに関しても演出面が例年より上がっており、赤川花火大会「希望の光」を彷彿させる内容に感じてしまった。昨年とは違い、終始風向きも申し分ない好条件で大満足でした!

長野えびす講煙火大会 Special Thanks -主催者から皆様へ感謝を込めてー8号玉100連発 特大ワイドスターマイ​ン

Special Thanks -主催者から皆様へ感謝を込めてー8号玉100連発 特大ワイドスターマイ​ン

しかし、素晴らしい花火を観覧している一方、心配している事もあります。一部の有料席のレイアウトが良くないとの評判がある点です。

折角、お金を払ってくれている人が斜めからの観覧なのは、今や花火終了の数時間後には無料席の中央で撮影した動画がYouTubeにアップされるので、すぐに分かってしまいます。もし今後、資金難によって規模が小さくなってしまうのは困るので、何かしらの手を打っても良いのではと思っています。

◎他の写真はこちら