→1日目より

別府駅付近の宿で起床する。 駅前を通ると湯布院などの観光事業に尽力した油屋熊八の像が何故かサンタクロースのPPAP仕様になっていて笑った。

べっぷクリスマスHanabiファンタジア 別府駅

今日は、花火の時間まで九州の花火仲間と大分観光をして過ごす。とり天で有名な竹田丸福、原尻の滝、そして生島煙火の寮へ…(笑)以前の一人旅も悪くなかったけど、やはり大勢だとより楽しめます。

夕方頃に再び花火会場の的ヶ浜スパビーチへ戻るとやはりと言うか周囲はカップルばかりでした。

べっぷクリスマスHanabiファンタジアのサブタイトルが昨日は家族と楽しむクリスマスで、今日は恋人たちのクリスマスだそうだ。ステージでのイベント内容もアーティストのライブばかりでした。

20:00から打ち上げ開始。担当は前日と同じく、株式会社生島煙火。最大号数は6号玉で、全編がミュージック花火のプログラム。話によると2日目の方がボリュームがあって凄いらしい。

昨日は無難にみんなと定番の場所で鑑賞をメインにしていたのですが、2日目はクリスマスらしい添景を入れたくて撮影も頑張ってみる。

花火とステージが重ならないセンター付近は、まさにリア充の巣窟で何とか邪魔にならない様に三脚を低くし、工夫しての撮影でした。(※花火打ち上げ中はライトアップされていません。コンポジ使用。)

べっぷクリスマスHanabiファンタジア

また、今日の型物花火は雪だるまやサンタが打ち上がった。流石、花火師さん自らが期待してくださいと言うだけあって、形や色がしっかり出ており、楽しめる内容に仕上がっていました。

実はご当地キャラであるべっぴょんの型物花火が、また見られるのではとひそかに期待していたのは内緒です(笑)

べっぷクリスマスHanabiファンタジア 型物花火 雪だるま

他にハートの型物花火を四方向に打ち出す演出がありました。通常では型物花火のプログラムに混ぜて入れたりするのだが、色も一つずつ違ったパステルカラーで楽しめました。

なお、折角のクリスマスイブなので四方向と言わず、万華鏡のプログラムの様に9ヶ所で扇打ちすればもっと面白かったかもしれません。

べっぷクリスマスHanabiファンタジア ハートの型物花火
 

そして、最高に感動したパステル千輪菊の一斉打ち。しかも一度ではなく5連続の開花で声を出さずにはいられなかった。このシーンを見られただけで来た甲斐があったと言うものです。

上段に1発、中段に3発、下段に扇を入れたクリスマスツリー。メインの写真なので、ロゴも入れてみました。

べっぷクリスマスHanabiファンタジア クリスマスツリーのパステル千輪菊

フィナーレでは、前日の様な銀冠菊の大量連打で始まり、ラストは錦冠菊に変わり上段には千輪菊でフィニッシュ!流石の物量で少し煙りましたが最後まで素晴らしかったです。 

べっぷクリスマスHanabiファンタジア クリスマスツリーの錦冠スターマイン

普段、九州の花火は競技大会で少し見られるぐらいなので、2日間も貴重な機会が得られ今後の生島煙火が楽しみになりました。これからも素晴らしい花火を期待しております。

また、今回の旅では、九州の花火愛好家の皆様による心温まるおもてなしを頂き、ホント有難かったです。来年のやつしろ全国花火競技大会には行けるかな?

◎他の写真はこちら