あけましておめでとうございます。今年も一年間宜しくお願いします。

数時間前に開催された長野県の車山スキー場花火大会より移動して、同県の伊那郡七久保へ到着する。メイン会場では年越しそばや豚汁などを無料で振舞って頂けるので、スキー場程ではないにしても冷えた身体には非常に助かります。

七久保大晦日新春花火大会 豚汁の無料配布

この大晦日新春花火大会は、七久保煙友会の主催で行われています。活動の目的としては心に残るものを故郷に末永く残して行きたいと言うもので、昭和56年から現在に至るまで頑張ってきたそうです。

通常、除夜の鐘では108回撞くのが恒例なのだが、ここ七久保では尺玉を8発打ち上げられる。語呂合わせとして、百八=しゃくはち(尺八)からきているそうだ。

打ち上げ数は少なくてもアルプス煙火工業による芸術玉が打ち上がるので見応えは十分。会場では一発ずつ玉名が掛かれた看板も掛けられていた。しかも今年は30回記念なので特別プログラムもあるらしい。

七久保大晦日新春花火大会 尺玉のプログラム一覧

2017年1月1日0時

カウントダウンとともに特別企画としてまずは「南北同時打」が行われた。打ち上げ場所が離れている2か所からだったので、メイン会場からは両方見る事ができなかったのだが、スターマインの中には水光星などの芸術玉も混じっており、かなりテンションが上がった。

その後は、会場で玉名を解説しながらの単発打ちになる。最初に5号玉を打ち上げて場所を示してくれるのが有難かった。内容としては全ての花火が競技大会に出品する程のクオリティーで鳥肌が立つほどである。

七久保大晦日新春花火大会 尺2号 幻想の展覧会

尺2号 幻想の展覧会

尺玉8発が終わった後は、番外として尺玉を5発。アルプス煙火スペシャルなど想いを込めた花火が打ち上がった。ここでも同様に凄まじい内容の芸術玉の数々を見せてくれました。

七久保大晦日新春花火大会 番外3号 皆さまへ感謝を込めて

番外3号 皆さまへ感謝を込めて

そして「門出、出会い、新しい時代」をテーマにしたワイドスターマインの部に移る。最初に仕掛け花火の桜吹雪「大火輪・改」に点火された。この花火は10月に開催された三社合同祭で失敗に終わったものらしく、改良が施されたようだ。

火薬の推進力を利用した仕掛け花火で、中心には桜色のエンブレムが発光しながら回転するので桜吹雪の様にも見える。会場からもどよめきが聞こえたので今回は無事成功したのだろう。

七久保大晦日新春花火大会 桜吹雪「大火輪・改」

桜吹雪「大火輪・改」

仕掛け花火が終わると同時にワイドスターマインが打ち上がる。前もって近くに花火の筒が設置してあるのが見えたので近いとは思っていたが、超至近距離の打ち上げで大迫力だった。

七久保大晦日新春花火大会 ワイドスターマイン

ワイドスターマイン

スターマインが終わると最後に2尺玉の打ち上げ。芯の部分に時差式を入れた恐らく日本初の2尺玉。スターマインの煙が残ってしまっていたので写真的には残念でしたが素晴らしかったです。

七久保大晦日新春花火大会 2尺玉 祝 故郷の想い出

2尺玉 祝 故郷の想い出

30回記念で予算アップしたと言う情報が入って来た時点で行きたくなった七久保の花火でしたが、正月早々とんでもない物が見られて大満足でした。

現地の皆さんも温かく迎えてくださったので、気持ちの良い一年のスタートが切れました。今年はどんな花火に出会えるのか今から楽しみです!

◎他の写真はこちら