花火の心得

日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に「写真」を通して伝えたい。

その他

【花火講座】知っておきたい花火の基礎知識

投稿日:2017年7月9日

ご依頼を頂いたのは昨年の年末だった。千葉県市川市の西部公民館より突然、花火講座をやって欲しいとの事で最初は何の事か戸惑ってしまった。今まで写真展などで来場された方に花火や撮影方法については説明した事はあっても、大勢の前で話すなんて事はなかったからだ。

それでも今回、受けてみようと思ったのは担当の方が僕のHPをしっかり読んでくれている事が分かったからだった。今まで何度かマスコミの方から情報提供や出演オファーはあったのだが、僕のHPを読んでいたら出る筈のない内容ばかりで全て断っていた。(花火大会ランキングや花火大会の穴場情報など)

生徒募集の為に用意して頂いたミニ展示ブース

年明けに一度打ち合わせにお伺いし、担当の方には、いせはら芸術花火大会にも足を運んで頂いた。僕の花火についての想いを理解して頂いたので、あまり使い慣れないパワーポイントでの資料作りが始まった。近隣の花火大会である市川市民納涼花火大会に向けてが一応テーマでもあったのだが、正直なところ行った事がない。さて、どうしようかと考えてみると担当煙火店が宗家花火鍵屋なのを思い出した。さらっとネットの情報だけを流して玉屋、鍵屋の話題に進めればいいなと閃いた。

当日のスケジュールはこんな感じ。がっつり1時間半もあるので、ある程度ボリュームも必要で広く浅く講義を進めていこうと思った。今回、一番考えたのは関連性だ。やはり流れに沿わないと覚える方も大変だし、例えば、いきなり花火大会映像を見せた所で知識があるとないとでは全然違った印象になる。

知っておきたい花火の基礎知識
1.プロフィール紹介(略歴・花火鑑賞士とは)
2.市川市民花火大会について(担当煙火店 宗家花火鍵屋)
3.花火の歴史(花火の発祥、鍵屋の起源、両国の花火について、鍵屋と玉屋)
4.現代の花火(薬剤の輸入による色の変化、花火の大型化、花火の種類、電気点火の技術)
5.良質な花火大会とは
6.市川市近郊のおすすめ花火大会(6ヶ所・スライドショー)
7.花火大会のマナー(花火大会を見る心構え、マナーなどを考える)
8.花火大会の映像鑑賞(質疑応答)

13:30から講義開始。僕は機材のチェックもしていたので、既に講義室には入っており、開始前に来られた生徒さんに色々と突っ込まれる状態になる。軽い雑談の中で市川花火を見ていない事が早速バレてしまったw 普通に考えれば自分の年齢よりかなり若いやつに歴史ある花火を語れるのかと半信半疑だったのだろう。何だか変な空気の中で始まってしまった。

講義前 (緊張するので知り合いは一切呼ばなかった)

当然ながら序盤は緊張する事は分かり切っていたのでまずは資料を読んでいく作戦。余裕がでてくれば脱線して豆知識も話せるし、これはなかなか効率が良かった。線香花火の名前の由来についてとかも結構関心を持ってくれた。段々と全体の様子を伺いながら話せるようになる。

途中、「現代の花火」の内容では花火の種類、電気点火の技術に加藤煙火株式会社で作成しているYouTube動画を流させて貰った。最初は自分で素材を作ろうと思っていたがあまりにも膨大な時間が掛かるし、説明はできたとしても魅力ある内容ができるとは思えなかった。できないなら借りてしまえと言う事でお願いしてみたら、あっさり心よく了承を頂けた。動画の中では加藤煙火の花火師さんが笑いを取ってくれてかなり有難かった。

加藤煙火さんより使用許可を頂いた動画

その後は、サクサク進んだ。動画のお陰でみんなリラックスできたのか自分の説明でも笑いを取る事もできたし、花火大会のマナーについては予想通り原稿を用意しなくても問題なく説明できた。そして、最後は花火仲間のsatake8080さんから許可を貰った2015年の赤川花火記念大会の動画を流す。最初は神明の花火やえびす講煙火大会など、ド派手な超高速スターマインで現代花火の技術力を見せつけようかとも考えていたが、流れを考えればやはり違うなと改めた。今回、勉強した菊や牡丹、冠菊や多重芯、音楽に同期させているプログラミングや電気点火の技術などをしっかり理解するには、最適な素材だったと思う。

最後には質疑応答の時間も取れた。ちょくちょく時間を計算しながら進行はしてたのだが、全てが終わってみるとぴったり15:00に時計の針が進んでいた。帰り際には、わざわざ御挨拶してくださった生徒さんもいてちょっと感動。回収したアンケートでは好意的な感想が多く、今まで何気なく見ていた花火の考え方が変わったとか嬉しい事も書いてあった。

今回は上々の結果に終わったけど、それも自分が今まで膨大な時間を費やした勉強や準備が自信になったからだと思う。講義もやってみると結構面白い事が分かった。また機会があれば、日本の花火の良さを知って貰う為にやってみてもいいかなw 西部公民館の皆様、お世話になりました<(_ _)>

-その他
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

大曲の花火

初投稿

今日から、ブログ始めます。以前にもやった事はありましたが、文章を書くのが面倒になったのでやめてしまいました。Facebookみたいに知り合いばかりだと、自分の想いも楽に書けるのですが不特定多数の人が見 …

【花火解説】第33回 市川市民納涼花火大会

市川市民納涼花火大会に行ってきました。ここは江戸川花火大会と共同開催で、市川市側と江戸川区側のどちらで見るかによって花火大会名が変わってきます。今回がいつもと違うのは花火の撮影ではなく、ケーブルテレビ …

金武 武「超・花火撮影術」

どうしても本屋で買いたかった一冊。花火写真家の金武 武さんが執筆された「超・花火撮影術」 今まで、カメラ雑誌の一部分を書いた事はあっても一冊丸ごと書いたのは初めてでかなり苦労された様です。 ※撮影許可 …

土浦全国花火競技大会について

今日は、茨城県の土浦全国花火競技大会でしたが、残念ながら仕事で行けませんでした。しかし、会場の様子を聞くと濃霧がかなり酷かった様で、最後の方では曲導までもが見えなかったらしい。一体、審査結果はどうなる …

花火写真家作品集 Luce(ルーチェ)発売のお知らせ

6/19(火)より花火写真家作品集 Luce(ルーチェ)が高津創造株式会社より発売となりました。Luceとはイタリア語で光、明かり、輝きと言う意味だそうです。8名の花火写真家による作品集で全116ペー …

花火写真家として全国の良質な花火文化を記録や保存、そして拡散を目的に活動しています。年間で30~60回程度の花火撮影を行います。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイト掲載の文章や画像の無断使用を禁止しています。
プロフィール詳細
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
リンク集
お問い合わせ