花火の心得

日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に「写真」を通して伝えたい。

神奈川県

第69回 鎌倉花火大会

投稿日:2017年7月19日

昨年、大感動の鎌倉花火大会に行ってきました。当初は観光協会の脱退により資金難などの理由により中止の予定でしたが、何とか市民の後押しもあり開催して頂きました。ボランティアスタッフも例年より増加し、ゴミの回収など色々と頑張っていた様です。

現地到着は花火開始の2時間前だったので、もっと鎌倉駅の混雑が酷いかと思っていたのですが以外と空いていて驚く。平日開催なのもあるけど都心の花火ってもっと混雑していた様な…。

風向きは例年通りだったので、今年は材木座海岸方面に向かう。昨年は風向きを意識しすぎるあまり、江の島側の高台からだったので正面からの打ち上げが見れず残念な思いをした。当初は諸事情で観覧だけの予定だったが、現地で花火仲間のご厚意により機材を貸して貰えて有難かった。

19:20より打ち上げ開始。担当煙火店は山梨県のマルゴー。打ち上げ数は約2,500発、最大10号玉。50分間の打ち上げになる。

今年、少し気になっていたのは第3景のサポーターズ花火だった。Twitterでも情報が流れていたので前もって知っていたのだが、年末に解散したSMAPについてファンの有志が花火を打ち上げると言うもの。しかも2組もいた。メッセージ花火は色々と見てきたが、ここまでやって貰えるのはやはり国民的スターなんだなと思った。しかも、煙火店も気を利かせてなのか、なかなか良い玉を使ってくるのがにくいw

きみの声をどどけたい~サポーターズ花火~

きみの声をどどけたい~サポーターズ花火~

全体的な感想としては、初めてのメイン会場では諏訪湖ほどではないにせよ、水中花火の音の迫力が凄い事を知れた。しかも、今年は時差式の花火玉を多用しており、勿体ない気持ちになるぐらい贅沢な内容だった。

また、今年は大玉の斜め打ちも行っており、演出の幅が広がった様に思える。終盤の大玉3発同時打ちの場面は特に良かった。少しだったけど新作花火もあったし、今年も各地でマルゴーの花火が見れるのが楽しみになってきた。神明の花火、果たして行けるのか!?

今年は神奈川新聞花火大会も中止になってしまい、都心部の花火大会は警備費の増加により年々開催が難しくなってきている。経済的な問題は品質の良い花火大会ほどダイレクトに関わってくるので頭が痛い。自分でやれる事なんて大してないけれど、ゴミを出さない事と募金活動に協力するぐらいだろうか。来年は70回の記念大会なので、また何とか開催して貰いたいものだ。

◎他の写真はこちら

-神奈川県
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

逗子海岸花火大会

第59回 逗子海岸花火大会

今年も逗子海岸花火大会にやってきました。都心からも近いし、何故か毎年通ってしまいます。 昨年の様に豪雨と言う事はなさそうだが、強風予報が出ており、メイン会場は完全に風下なので、撮影場所を探す為にも早め …

横浜開港祭

第34回 横浜開港祭 ビームスペクタクルinハーバー

第34回 横浜開港祭に行ってきました。今年は、休日を取ったので予定を済ませ、余裕を持って花火会場である臨港パークへ到着する。 流石に平日なので、知り合いの花火仲間は数人程しかいなかったのですが、子供達 …

第66回 湘南ひらつか花火大会

今年も湘南ひらつか花火大会に行ってきました。しかし、担当煙火店が変わったので実質初めての観覧になります。 メイン会場では海風が強く風下になっていたので、せめて横風で撮影できる様に、右手側の湘南海岸公園 …

八景島シーパラダイス 花火シンフォニア

八景島シーパラダイス 花火シンフォニア 2016

GWの帰省ラッシュの渋滞にも多少巻き込まれたのだが、何とか17:30には滋賀県の篠田の花火から都内に無事帰還。 時間的に間に合えば行こうと思っていた、横浜・八景島シーパラダイス 花火シンフォニアに行っ …

第31回 神奈川新聞花火大会

しばらく御無沙汰だった、神奈川新聞花火大会。都心からも近く、コストパフォーマンス的にも素晴らしい花火大会。今回は普通の友達を誘って一緒に行く事になった。 近場だったので、夕方近くに会場入りをしたのです …

花火写真家として全国の良質な花火文化を記録や保存、そして拡散を目的に活動しています。年間で30~60回程度の花火撮影を行います。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイト掲載の文章や画像の無断使用を禁止しています。
プロフィール詳細
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
リンク集
お問い合わせ