花火の心得

花火写真家 蛭田眞志 オフィシャルサイト of Masashi Hiruta ― 日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に伝えたい ― 

東京都

第51回 葛飾納涼花火大会

投稿日:2017年7月25日

今年も葛飾納涼花火大会へ行ってきました。天気予報が良くないので、時間ギリギリまで状況を見てから出発してみた。どうやら他の観客も同じ様に考えていたのか2時間前に現地へ到着してもそんなに混雑はなかった様な気がする。

実は昨年は散々ロケハンを行ったのだが、風向きを重視しすぎて位置取りを失敗して残念な思いをしていた。今年は最初から決めてあったのもあり、運よく予定していた場所も確保できたので時間まで待機。

19:20より打ち上げ開始。担当煙火店はイケブンホソヤエンタープライズ。最大号数は4号玉。約1時間の内容になる。

今回のプログラムで気になったのはステージ2のありがとう!”こち亀花火”だった。40年間も続いた漫画、こちら葛飾区亀有公園前派出所が連載終了になった感謝の花火。僕もジャンプ全盛期の人間なのでお世話になっていたし、こち亀がどれほど葛飾区に貢献していたのかは、よく分かっているつもりだ。

3人のキャラクターの型物花火とイメージカラーでのスターマイン。特に主人公の両津勘吉の花火は眉毛の特徴が良く出てて面白かった。作者が見に来ていたのか非常に気になる所だ。

また、一番の見所であるデジタルスターマインは流石の内容でした。大玉がない代わりに保安距離も短いので演出の音が凄く近くに聞こえて大迫力。場所が良かったのもあり、久し振りに笑うしかない状況に陥った。

昨年、担当のイケブンは社内で色々とあって凄く気になっていた煙火店だったので、この演出を見れて少し安心しました。得意分野のパステルカラーも健在だったし、きっとこれからも素晴らしい花火を見せて貰えると思います。

そう言えば、花火講座した時に近場の葛飾に興味を持っていた人が多かったので、おすすめの観覧位置まで詳しく教えたけど、果たして本当に見に来た人はいたのだろうか?今回の花火はかなり素晴らしかったので是非とも見て欲しかった。あっ、和火のパートはもう少し短くても良かったかな。

◎他の写真はこちら

-東京都
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

北区花火会

第5回 北区花火会

北区花火会に行ってきました。最近は東京の花火大会に行く機会が多いのですが、それだけ良い花火が増えてきたと考えて良いのかもしれません。今年は5周年記念として花火の質にも力を入れた様で、現在、勢いに乗って …

みらいとてらす

平成27年 秋の夜長参拝「みらいとてらす」

今年は終戦70年の節目の年。戦没者が眠る靖国神社では、夜間参拝の企画としてみらいとてらす‐秋を彩る九段の光‐が開催されました。 境内のライトアップに加え、阿波踊りや陣中太鼓などの行事の中、豊橋祇園祭奉 …

TOKYO数寄フェス

TOKYO数寄フェス 2016

知人から教えて頂いた事もあり、10/21~23の3日間、上野で開催されているTOKYO数寄フェスに行ってきました。このアートフェスティバルは、日本文化と芸術を広く国内外に発信する為に行われているそうで …

お台場レインボー花火

お台場レインボー花火 2014-1

12月の土曜日に毎週開催されているお台場レインボー花火。以前から電車内での広告などで知ってはいたのですが、たった10分間の花火なので、あまり気が進みませんでした。 しかし、今回は友人の結婚式に出席する …

神霊教奉祝花火大会

平成28年 神霊教 奉祝花火大会

毎年5月3日と言えば、花火愛好家であれば、ツインリンクもてぎ 花火の祭典 ”春”が定番だったのですが、残念な事に今年から夏と正月の年2回のみ。 何処かで花火やってないかなと思っていたら、東京都あきる野 …

花火写真家として全国の良質な花火文化を記録や保存、そして拡散を目的に活動しています。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイトの文章や画像の無断転載を禁止しています。
プロフィール詳細
花火大会2017
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
お問い合わせ