今年も葛飾納涼花火大会へ行ってきました。天気予報が良くないので、時間ギリギリまで状況を見てから出発してみた。どうやら他の観客も同じ様に考えていたのか2時間前に現地へ到着してもそんなに混雑はなかった様な気がする。

実は昨年は散々ロケハンを行ったのだが、風向きを重視しすぎて位置取りを失敗して残念な思いをしていた。今年は最初から決めてあったのもあり、運よく予定していた場所も確保できたので時間まで待機。

19:20より打ち上げ開始。担当煙火店はイケブンホソヤエンタープライズ。最大号数は4号玉。約1時間の内容になる。

今回のプログラムで気になったのはステージ2のありがとう!”こち亀花火”だった。40年間も続いた漫画、こちら葛飾区亀有公園前派出所が連載終了になった感謝の花火。僕もジャンプ全盛期の人間なのでお世話になっていたし、こち亀がどれほど葛飾区に貢献していたのかは、よく分かっているつもりだ。

3人のキャラクターの型物花火とイメージカラーでのスターマイン。特に主人公の両津勘吉の花火は眉毛の特徴が良く出てて面白かった。作者が見に来ていたのか非常に気になる所だ。

また、一番の見所であるデジタルスターマインは流石の内容でした。大玉がない代わりに保安距離も短いので演出の音が凄く近くに聞こえて大迫力。場所が良かったのもあり、久し振りに笑うしかない状況に陥った。

昨年、担当のイケブンは社内で色々とあって凄く気になっていた煙火店だったので、この演出を見れて少し安心しました。得意分野のパステルカラーも健在だったし、きっとこれからも素晴らしい花火を見せて貰えると思います。

そう言えば、花火講座した時に近場の葛飾に興味を持っていた人が多かったので、おすすめの観覧位置まで詳しく教えたけど、果たして本当に見に来た人はいたのだろうか?今回の花火はかなり素晴らしかったので是非とも見て欲しかった。あっ、和火のパートはもう少し短くても良かったかな。

◎他の写真はこちら