花火の心得

花火写真家 蛭田眞志 オフィシャルサイト of Masashi Hiruta ― 日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に伝えたい ― 

千葉県 その他

【花火解説】第33回 市川市民納涼花火大会

投稿日:2017年8月5日

市川市民納涼花火大会に行ってきました。ここは江戸川花火大会と共同開催で、市川市側と江戸川区側のどちらで見るかによって花火大会名が変わってきます。今回がいつもと違うのは花火の撮影ではなく、ケーブルテレビのJ:COMで花火の解説をする事です。

急な話だし、よせばいいのに、現在、銀座でやっている花火写真展の告知もさせてくれると言うのでホイホイ乗っかってしまった。担当の方との事前打ち合わせも何とか3日前に済ませて本番を迎える。

当日は花火会場での解説ではなく、付近にある昨年12月にできたばかりの山崎製パン総合クリエイションセンターでの放送となった。場所をお借りするのもあって、社員の方も花火見物をしており、周囲にはギャラリーがいる状態での実況でかなりヤバい。

山崎製パン総合クリエイションセンター

打ち合わせ、リハーサルと過ごし、19:00から放送開始。市川、浦安、船橋習志野エリアに住んでいる人は、J:COMチャンネルで生中継が見られる。

司会進行は宮内恒雄さん、アシスタントとして中川愛理沙さん、そして花火解説として一人だけド素人の僕。最初はかなり緊張していたのですが、オープニングの花火に形の良い虹色のグラデーション(球体Version)が入っていて一気にテンションが上がった。花火の力って凄い!

実際には花火大会の時間も押していたのもあり、リハーサルや台本通りには進まず、ほとんどがアドリブ状態でした。花火の説明も途中だったり、間違いとかもあるかもしれませんが、その辺はご愛敬で宜しくですw(解説者より予想師みたいな立ち位置?)

最後には無事にLIGHT UP NIPPONチャリティ花火写真展の告知もできたので良かったです。初めてにも関わらずそこそこ喋れたのは、プロの皆さんが上手く話を振ってくれたおかげでした。本当に色々な人に助けられ、特に着付けの鈴木先生には収録前の時間にも一番気に掛けてくださいました。反省点は沢山あったけどやれるだけはやったかな?

僕、中川さん、鈴木先生、宮内さん

8/6(日)19:00~20:40 J:COMチャンネル
エキサイティング花火2017 第42回江戸川区花火大会 第33回市川市民納涼花火大会
全国放送しますので、契約している人はどうぞ。

-千葉県, その他
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

LIGHT UP NIPPON Beach Fes 2014

以前より、LIGHT UP NIPPONのお手伝いをしたいと思っていたのですが、やっと今回達成する事ができました。この団体は東日本大震災より毎年8/11に東北沿岸で花火を打ち上げる活動をしています。 …

大曲の花火

初投稿

今日から、ブログ始めます。以前にもやった事はありましたが、文章を書くのが面倒になったのでやめてしまいました。Facebookみたいに知り合いばかりだと、自分の想いも楽に書けるのですが不特定多数の人が見 …

刹那グラフィティ 単行本発売のお知らせ

現在、講談社ARIAで連載中の花火を題材にした刹那グラフィティの単行本が6月5日(金)に発売されます。作者である木乃ひのきさんは、長野県出身の漫画家で子供の頃に地元で見た花火がとても印象に残っており、 …

花火撮影ワークショップ

今回は花火大会ではなく撮影ワークショップです。場所は神奈川県の鵠沼海岸で花火写真家の金武 武さんによる企画でした。 撮影に使用する花火は玩具花火で、葛城煙火株式会社が御用意してくださいました。 最初に …

2016年 花火カレンダー

折角、僕は年間を通して花火撮影を行っているので、1月から12月まで、その月に開催する花火大会の写真を使って以前よりオリジナルカレンダーを作ってみたいと思っていました。 あくまでも日付の確認よりも花火写 …

花火写真家として全国の良質な花火文化を記録や保存、そして拡散を目的に活動しています。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイトの文章や画像の無断転載を禁止しています。
プロフィール詳細
花火大会2017
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
お問い合わせ