花火の心得

花火の心得 オフィシャルサイト of Masashi Hiruta ― 日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に伝えたい ―

茨城県

第53回 常総きぬ川花火大会

投稿日:2017年8月11日

今年はどうしても行きたかった常総きぬ川花火大会。前年にフォトコンテストで賞を頂いたのもあり、特別鑑賞チケットに自分の写真が使われているからだった。

チケット売り出し数を見ると1万枚近くが発行されており、道行く人が自分の写真を首から下げている所を実際に見れたのは嬉しかった。また、例年通りプログラムに受賞者全員の写真が掲載されているのはともかく、花火関係者だけに配られる進行表なんかにも使われていたそうだ。

18:45から打ち上げ開始。約1時間50分の内容。最大号数は8号玉。今回はいつも写真展でお世話になっているcafe nookの常連の人が来るとの事で撮影指導に勤しんだ。3年ぐらいのお付き合いになるけど、身近な人が花火大会に来てくれるとやっぱり嬉しい。

今回の注目の一つはメッセージ花火。毎年、花火好きの知り合いがお金を出し合って打ち上げていたりするのだが、実行委員のお陰もあって品質もいいのを選んでくれている。ラストを飾るニコニコ動画 花火大会コミュニティー一同による8号玉2発は、花火大会の生中継をしている中より企画されたもので、クラウドファンディングでお金を集めた花火。自分も少し協力したのもあったので感慨深かった。

また、今年の日本煙火芸術協会会員によるファイヤーアートコンテストでは、新潟県の本田正憲氏による昇曲導付八重芯越後向日葵が文句なしに素晴らしかった。綺麗な同心円を描いて色彩のバランスも良く、なによりヒマワリの花びらがこちらに迫ってくる様な迫力ある作品だった。審査の結果はまた後日発表されるので楽しみだ。

そして今回、一番期待していたのは花火の巨匠のプログラムで山梨県のマルゴーが参入している事。今まで、入るかも?みたいな事はあってもなかなか実現しなかった。新作の彩度ギトギトな花火はいい意味でインパクト十分。他社ではまず見掛けない色彩なので、今後はこう言った色が流行るのかな?

最近はあまり花火に行けなかったのもあってかなり楽しめた。同行してくれた友人も期待以上に喜んで貰えた所を見ると花火の価値観がかなり変わったのではないだろうか。今年も最高の花火を見れて良かった。ただ1点フィナーレでは替えのバッテリーを忘れると言う大ポカをやらかしてしまったのは悔やまれる(泣)

◎他の写真はこちら

-茨城県
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

第6回 大洗春まつり海楽フェスタ

今年も新作花火コレクション→海楽フェスタの流れで来れました。年々、参加者が増えていくガルパン祭りですが、花火費用も寄付金の一部で賄っていたり、周辺のお店では料理のメニューにガルパンに因んだタイトルをつ …

大洗春まつり海楽フェスタ花火大会

第4回 海楽フェスタ花火大会

大洗春まつり海楽フェスタ花火大会に行ってきました。昨年初めて知った場所なのだが、担当煙火店である野村花火工業が今年の一年に出すであろう新作花火の試し打ちを行う場所らしい。 水戸駅から鹿島鉄道に乗り換え …

いばらきまつり

【最新花火情報2017】いばらきまつり 徹底解析

いばらきまつり 注意事項 11月の第一日曜(2017年11月5日)に茨城県東茨城郡で開催されるいばらきまつり。お祭りのフィナーレ花火として花火が打ち上がるのですが、野村花火工業による芸術花火が堪能でき …

土浦全国花火競技大会

第84回 土浦全国花火競技大会

第84回 土浦全国花火競技大会に行って来ました。例年、なかなか都合がつかず2012年振りで、僕が初めてフォトコンテストで入賞した場所です。 当日は早めに家を出ようと思って準備していたのですが、色々とや …

鉾田花火大会

2016年 鉾田花火大会

茨城県の鉾田花火大会に行ってきました。2年に1度の貴重な花火大会。 本来は16日に開催だったのを19日に変更されましたが、延期した本日も天候があまり良くありません。雨こそ降っていないのだが、雲が低く花 …

写真撮影を通して全国の良質な花火文化の記録や保存、拡散を目的として活動しています。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイトの文章や画像の無断転載を禁止しています。
プロフィール詳細
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
お問い合わせ