本来ならば、担当煙火店が大幅に変わったうつのみや花火大会に行きたかったのですが、今はあまり無理ができないので、駅から近いのもあり、以前から気になっていたとりで利根川大花火に行ってきました。

どうやら朝早くから花火仲間が場所取りをしてくれているらしく、今回はそこにお邪魔させて頂く事になった。友人も同行したいとの事で駅で待ち合わせをする。メイン会場は駅から徒歩5分なのもありがたい。やはり打ち上げ開始時間が近付くと段々と混雑してきた。

19:00より打ち上げ開始。1時間15分の内容。担当煙火店は山﨑煙火製造所筑北火工堀米煙火店高城煙火店の3社。最大10号玉。

ここでの見所は尺玉のパレード。2回に分けて打ち上がったのだが、これを見れただけで満足できる程だった。特に1回目の三重芯花火は色と言い形と言い、完璧の仕上がりだった。

昇曲導付三重芯菊先三度変化

花火の内容としては流行りの時差式はないが、特に高城煙火店の花火には以前のツインリンクもてぎで見た様な懐かしさまで感じれて良かった。自分もいつの間にか花火の違いが分かる様になっていたのだと驚く。

フィナーレではワイドミュージックスターマインが打ち上がった。以前からいい花火とは聞いていたが、予想以上に楽しめて良かった。普段、あまり見る事ができない煙火店だけあって、それぞれの特徴を見る勉強にもなる。

帰り道はそれなりに混雑していたが、駅から近いと言う理由もあるのだろう。ここは都心からも近いし、友人を連れて行くオススメ花火の一つに加えた方がいいです。ただ桟敷席は揺れるので撮影には不向きなのはご注意ください。

◎他の写真はこちら