花火大会の穴場スポットとランキング情報

花火大会に行く前に穴場スポットやランキング情報を調べてから行く人も多いと思います。いかにも日本人好みの内容であり、夏になるとマスコミの方から紹介して欲しいとの依頼がくる事もあります。

今回は、これらの検索方法が如何に意味のない事なのかを知って貰う為に書いてみました。最後まで読んで貰えれば、きっと言っている意味が理解できると思います。

花火大会の穴場スポット

誰しも混雑は嫌です。少しでも空いている場所で花火を見たいと思っているから事前に下調べをしてから行くのでしょう。でも、ちょっと考えてみてください。同じ事を考えている人は、その花火大会にどれぐらいいると思いますか?

おそらくインターネットの検索方法にしても「〇〇花火大会 穴場」と検索して1番最初に出てきたもので調べている人が大半でしょう。多くの人が得られる穴場情報とは穴場ではありません。また、花火が見られない場所でも平気で掲載するサイトがいくつもあります。

その内容を読んでみると実際に足を運んだ事がない人が書いており、間違いも多く、写真や動画も他からの盗用ばかりです。おそらく打ち上げ場所からの地図を見て適当な距離の施設を書き込んでいるのでしょう。

もし本当に空いている場所が穴場スポットとして書いてあったとしたら、それは穴場ではなくて、花火が遠かったり、建物で見えにくかったりで花火が楽しめない人気のない場所でしょう。折角、花火大会に行くのに花火が楽しめない場所で見て何かいい事ありますか?

初めて行く場所であれば、有料席を購入するか、早めに行って有料席付近の無料席を確保する事が鉄板です。

花火大会のランキング情報

花火大会ランキングってどうやって決まると思いますか?実際に集計をしている人ではないのですが簡単に予想はつきます。答えは、そのサイトに掲載されている花火大会ページへのアクセス数です。

その証拠にその花火大会が終わると集計から外され、これからの花火大会にアクセスが一気に集まり急にランキング上位になる花火大会が出現したりします。こんないい加減な方法を信用して、多くの人は行きたい場所の目安にしている訳です。

たまに偉い人が花火大会の開会式で「〇〇花火大会は関東のランキングで第1位を獲得しました」なんて挨拶を見掛けます。夏の季節を外した花火大会なら余計にランキング上位にもなるでしょう。公式サイトにも堂々と記載していたりと本当に恥ずかしい…。

実際に足を運んだ人数でランキングを立てるとしたら人口が多い、東京、大阪の花火大会が上位に来るのは間違いないでしょう。ただ、これを花火大会のランキングと言っていいのかは微妙な所です。

自分が思っている本当の花火大会ランキングは有料販売席の売り上げ速度です。勿論、花火大会の規模や販売枚数も違うとは思いますが、早々に売り切れる場所は間違いなく人気の花火大会です。

NEXT 花火大会でのマナー

→戻る