花火の心得

花火写真家 蛭田眞志 オフィシャルサイト of Masashi Hiruta ― 日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に伝えたい ― 

最新花火情報2017 埼玉県

【最新花火情報2017】龍勢まつり 徹底解析

投稿日:2017年9月22日

龍勢まつり 注意事項

毎年10月第2日曜日(2017年10月8日)に埼玉県秩父市で開催される龍勢まつり。埼玉県無形民俗文化財でもあり、国内でも3ヶ所でしか見られない貴重な日本文化になります。今後も末永く続くようにマナーを守って観覧に出かけましょう。

ここでの注意事項は天候になります。どうしても龍勢の性質上、青空の元でないと映えない様で、人によっては曇り空の場合には行かない事もあるようです。当日の天気予報と照らし合わせて見に行くと良いでしょう。また、こちらは片貝まつりと同様に地元の人が椋神社への奉納として打ち上げる神事なので、お邪魔させて頂く気持ちで向かいましょう。

アクセス

【電車・バス】

秩父鉄道 西武秩父駅⇔(臨時バス)龍勢会館行 40分⇔徒歩10分

秩父鉄道 皆野駅⇔(臨時バス)龍勢会館行 20分⇔徒歩10分

【車】

関越自動車道 花園I.C 国道140号

関越自動車道 鶴ケ島I.C 川越I.C 国道299号

※駐車場案内

観覧場所

【有料エリア】

・椋神社前観覧場所(龍勢会館前・電話)

0.5坪(3,000円)~2坪(12,000円)

※主に桟敷席は地元の奉納者が宴会場所として使用しています。

【無料エリア】

・桟敷席以外

観覧のみであれば場所は沢山あります。屋台周辺は大混雑です。

宿泊施設

秩父駅周辺であれば可能。花火大会と違い、夜遅くまでのお祭りではないので早い時間に帰宅できる。

おすすめ立ち寄り場所

龍勢会館

臨時バス停を降りたら目の前にあります。入場すると、秩父を舞台にしたアニメ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の関連グッズが出迎える。作中に龍勢を打ち上げる場面もあり、秩父では前面に押し出してPRしている。また、実物の龍勢の展示を始め、仕組みや歴史などを勉強できる。実際に見に行く前に勉強していくとより理解が深まると思う。入場料300円。

椋神社(むくじんじゃ)

龍勢まつりは椋神社への奉納の為に行われるのでお参りはしておきましょう。桟敷席後方にあります。時間によっては混雑しているので空いた時間でもどうぞ。11時~12時までは境内で祭典が行われます。

龍勢保存会 説明コーナー

こちらは龍勢保存会の野外展示ブース。観覧場所の奥の方にあります。スタッフの方が龍勢の仕組みを説明してくれたりします。資料の数は多くないが質問にも答えてくれる為、立ち寄ってみるのも良いかと。

花火打ち上げ

早朝からの打ち上げで8:40開始。開始から見たいのであれば、車での来場が必要になります。打ち上げの流れとしては大勢で龍勢を発射台まで担ぎ上げ設置する。準備が完了すると奉納者の紹介があり、お立ち台で代表者が五穀豊穣などの口上を読み上げる。合図とともに点火され、白煙とともに打ち上がり終了。15分に1度ぐらいのペースで進みます。

会場ではあの花ファンも大勢来ており、コスプレをしている来場者もいる。13:00からは超平和バスターズによるあの花龍勢も打ち上がります。毎年、作中の声優が来て口上を読み上げており、その時間になるとお立ち台周辺では大混雑となるので、事前に待機しておくのがよいかもしれない。

また、スタンプラリーなどのイベントもやっており、先着500名までオリジナル景品が貰えるらしい。打ち上げ終了は16:45までになります。終了後にはバスが混雑するので少し時間を空けた方がよいです。ただし、18時頃が最終なのでしっかり時間は確認しておいてください。

龍勢まつり

全国的にも珍しい龍勢まつり。轟音と共に発射する龍勢は一見の価値ありです。よいお天気に恵まれますように。

→戻る

-最新花火情報2017, 埼玉県
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【最新花火情報2017】片貝まつり 徹底解析

片貝まつり 注意事項 毎年9月9日・10日に新潟県小千谷市で開催される片貝まつり。正式名称は浅原神社秋季例大祭奉納大煙火。日付固定での開催なので、この機会に行く人も多いのではないでしょうか? まず、片 …

【最新花火情報2017】会津花火 徹底解析

会津花火 注意事項 昨年より福島県会津若松市で始まった会津花火。11月3日の文化の日に開催されます。今回で開催2回目となり、オフシーズンにも関わらず芸術性の高い花火を見せてくれます。 ここでの注意事項 …

嵐山さくらまつり

第4回 嵐山さくらまつり

4月初旬と言えば桜の季節。SNSには桜の写真が溢れかえっているので、 自分も撮らねばと言う衝動に煽られ嵐山さくらまつりに行ってきました。 担当煙火店は有限会社神田花火。打ち上げ数が約2000発、最大号 …

【最新情報2017】秩父夜祭 徹底解析

秩父夜祭 注意事項 毎年、12月3日に埼玉県秩父市で開催される秩父夜祭。前日の2日にも宵宮(前夜祭)として小規模な花火が上がりますが、ここでは3日に焦点を当てて記載します。まず、秩父夜祭は花火でなく山 …

【最新花火情報2017】北区花火会 徹底解析

北区花火会 注意事項 10月第2土曜日(2017年10月14日)に東京都北区で開催される北区花火会。今回で第6回目の開催となります。昨年に引き続き静岡県の株式会社イケブンが担当する事になり、都心では貴 …

花火写真家として全国の良質な花火文化を記録や保存、そして拡散を目的に活動しています。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイトの文章や画像の無断転載を禁止しています。
プロフィール詳細
最新花火情報2017
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
お問い合わせ