花火の心得

花火の心得 オフィシャルサイト ― 日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に伝えたい ― 

最新花火情報2017 秋田県

【最新花火情報2017】大曲の花火 ー秋の章ー 徹底解析

投稿日:2017年9月23日

大曲の花火 ー秋の章ー 注意事項

10月第2土曜日(2017年10月14日)に秋田県大仙市で開催される大曲の花火 ー秋の章ー 花火劇場 ~あきた満開~ 。夏の章である、全国花火競技大会 大曲の花火が終わり、今回の花火大会。以前は飯田五社競演花火大会や伝統×挑戦「大曲の花火」となっていましたが、2015年より名称が変更になりました。

ここでの注意事項は、カメラマン席に関してです。パイプイス席後方に用意されてはいるのですが、こちらを利用するにはパイプイス席チケットを購入した人しか利用できません。当日販売の有料自由席チケットではご利用できないので注意してください。

また、10月とは言え、秋田の夜間は予想以上に冷え込みますので防寒対策も忘れずに準備してください。特に花火鑑賞士試験を受験する方は風邪をひいて翌日ダウンなんて事にならない様に気を付けてください。

アクセス

【電車】

JR奥羽本線 大曲駅⇔徒歩30分

【車】

秋田自動車道 大曲IC 7km

※駐車場案内

観覧場所

【有料エリア】

大曲花火大橋下流河川敷

・パイプイス席(3,000円)

大曲商工会議所(9/15まで)、ローソンチケット、チケットぴあ、e+

※残数があった場合、当日の入場口で購入可(4,000円)

・カメラマン席(3,000円)

パイプイス席の購入者のみパイプイス席の後方で撮影可能。

(※その場合、パイプイス席は放棄しなくてはいけない)

・有料自由席(1,000円)

当日入場口で販売

パイプイス席の左右エリアになる

【無料エリア】

・なし

※無料エリアは設置されていません。観覧エリア外で綺麗に見るのは難しく、当日販売の有料自由席を購入した方がよいです。

宿泊施設

当日は、花火鑑賞士試験受験者も多く、大曲駅周辺で宿泊施設を探すのは難しい。電車で向かえる横手駅なども探してみるのがよい。もしくは直前でのキャンセルを待ってみるもの一つの方法かと。

おすすめ立ち寄り場所

新・秋田の行事

10月14・15日は新・秋田の行事として伝統芸能の祭典が開催されます。「角館祭りのやま行事」「土崎神明社祭の曳山行事」「花輪祭の屋台行事」をはじめ、県内各地の伝統芸能や祭りが集結するほか、秋田の伝統芸能を体験する「ふれあい体験ブース」や、県内各地のご当地グルメを楽しめる「大仙グルメストリート」が用意されている。

花火庵

花火庵とも呼ばれているが、正式には大曲花火屋。花火通り商店街の一角にある花火資料館で全国花火競技大会「大曲の花火」や新作花火コレクションについての資料、花火玉や打上筒などの模型などが展示されている。また、花火鑑賞士試験の合格者の木札も掛けられている。

良い花火大会の条件

カネトク酒市場

大曲に来ると多くの花火好きが訪れるカネトク酒市場。大曲花火倶楽部の副会長、小西享一郎氏の経営するお店。お会いできたら花火のお話も聞けるかも?各種ワインや日本酒、花火グッズのお土産も購入できる。

PLUS CAFE

大曲駅に隣接した雰囲気のよいPLUS CAFE(プラスカフェ)。2015年よりオープンしたお店で店長は花火鑑賞士でもある。ラテアートは花火愛好家が絶賛の花火絵柄を注文する事もできる。新幹線の待ち時間にでもどうぞ。

花火打ち上げ

18:00から打ち上げ開始。大曲の花火 秋の章は劇場型花火を目指しており、有料席に入ったお客さんに向けてのエンターテイメントショーです。夏の様な混雑もなく、花火が見やすい環境で楽しめます。

秋田のまつり、若手花火作家による花火競演、10号玉伝統割物花火競演、花火ミュージカル2017「ライオンキング」の4部構成。特別打ち止めとして二尺玉が打ち上がる。

10号玉伝統割物花火競演には内閣総理大臣賞を獲得した煙火店を中心とした芸術花火が打ち上がる。また、花火ミュージカルでの打ち上げ幅は500mを超えており、今回は音響設備にも力を入れているらしく素晴らしい内容になりそうです。花火は19:00に終了予定。

「伝統×挑戦」大曲の花火

特に翌日に花火鑑賞士認定試験の受験が控えている方は、試験目的だけでなく、こちらの花火も一緒に見に来られた方がよいです。花火の聖地と呼ばれる大曲の花火を楽しんでください!

→戻る

-最新花火情報2017, 秋田県
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

国際花火シンポジウム プレ大会

大曲の花火 春の章 国際花火シンポジウム プレ大会

花火撮影の準備の為に、記念フォーラムを途中退席し当初予定していた撮影場所である大平山へ向かう。 普段は添景も考えてはいるものの、なるべく近くから撮影するのが定番なのだが、何事も経験なので初めての花火登 …

【最新花火情報2017】こうのす花火大会 徹底解析

こうのす花火大会 注意事項 10月第1日曜日(2017年10月8日)※延期にて日付変更※に埼玉県鴻巣市で開催される燃えよ!商工会青年部!!こうのす花火大会。行政主導ではなく鴻巣市商工会青年部が地域の進 …

【最新花火情報2017】会津花火 徹底解析

会津花火 注意事項 昨年より福島県会津若松市で始まった会津花火。11月3日の文化の日に開催されます。今回で開催2回目となり、オフシーズンにも関わらず芸術性の高い花火を見せてくれます。 ここでの注意事項 …

「伝統×挑戦」大曲の花火

国民文化祭・あきた2014「伝統×挑戦」大曲の花火

国民文化祭・あきた2014「伝統×挑戦」大曲の花火。国民文化祭に伴い、日本の花火業界で最高の名誉である内閣総理大臣賞を獲った花火師8名を迎えての花火大会。 まず、オープニングには国民文化祭のテーマソン …

内閣総理大臣賞受賞花火作家「花火の世界を語る“夜学”」

国民文化祭・あきた2014「伝統×挑戦」大曲の花火の終了後には、大曲エンパイヤホテルで内閣総理大臣賞を受賞した花火作家8名をお呼びしての夜学が開催されました。 ※大曲花火倶楽部や花火鑑賞士会では花火師 …

全国の良質な花火文化を記録や保存、そして拡散を目的に活動しています。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイトの文章や画像の無断転載を禁止しています。
プロフィール詳細
最新花火情報2017
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
お問い合わせ