花火の心得

花火の心得 オフィシャルサイト of Masashi Hiruta ― 日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に伝えたい ―

最新花火情報2017 茨城県

【最新花火情報2017】いばらきまつり 徹底解析

いばらきまつり 注意事項

11月の第一日曜(2017年11月5日)に茨城県東茨城郡で開催されるいばらきまつり。お祭りのフィナーレ花火として花火が打ち上がるのですが、野村花火工業による芸術花火が堪能できる場所です。

ここでの注意事項は駅からかなり距離があり、必ずバスを利用しなくてはいけない点です。花火終了後には、最終バスに乗る事になるので、あまりゆっくりせず、余裕を持ってバス停に向かいましょう。乗り遅れると新鉾田駅を経由する少し面倒なルートで行かなくてはいけません。可能であれば、車で来るのがおすすめです。

いばらきまつり

アクセス

【電車・バス】

JR関東鉄道 水戸駅⇔奥ノ谷・関鉄グリーンバス40分⇔徒歩7分

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 新鉾田駅⇔鉾田駅(廃駅)徒歩15分⇔奥ノ谷・関鉄グリーンバス30分⇔徒歩7分

【車】

北関東自動車道 茨城町西IC

北関東自動車道 茨城町東IC

※駐車場案内はチラシ表面のPDFより

観覧場所

【有料エリア】

なし

【無料エリア】

・メイン会場

メイン会場のステージ右手より花火が打ち上がるので、会場外の斜面で観覧する人が多い。

宿泊施設

周辺は民家なので宿泊施設はありません。水戸駅周辺で探してください。都心であれば日帰り可能。

おすすめ立ち寄り場所

あくまでも花火はおまけなので、お祭りを楽しんでください。ステージイベントやビンゴゲーム大会、地元の方がやっている出店もあります。花火観覧は無料なので、茨城町の名産を味わって地元の人に還元してください。

花火打ち上げ

18:00から打ち上げ開始。最大10号玉で基本的には10号玉の単発打ちと5号玉の連続打ちでの構成。野村花火工業による芸術作品が次々と見られる。新作花火が見られる事もある。

定番の観覧場所には地元の子供達用に観覧席が一部用意されており、子供たちに芸術花火をしっかり見て貰おうと言う地元の大人たちの気持ちが感じられる。

フィナーレには、ミュージックスターマインが見られる。小規模な町のお祭りとは思えない程、見応えのある内容です。花火終了は18:30頃。

あくまでも地元の人の為のお祭りなので、迷惑を掛けない様にマナーを守って楽しんでください。混雑もなく、おすすめの花火大会です。

→戻る

-最新花火情報2017, 茨城県
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

夜・梅・祭 2016

前日の花火より南下する形で、茨城県水戸市の夜・梅・祭に行ってきました。 水戸駅から少し離れた弘道館でも別の日程で開催されるのですが、花火が打ち上がるのは日本三名園の一つでもある偕楽園のみ。露店や各種イ …

龍勢まつり

【最新花火情報2017】龍勢まつり 徹底解析

龍勢まつり 注意事項 毎年10月第2日曜日(2017年10月8日)に埼玉県秩父市で開催される龍勢まつり。埼玉県無形民俗文化財でもあり、国内でも3ヶ所でしか見られない貴重な日本文化になります。今後も末永 …

いばらきまつり

いばらきまつり 2015

今年も、いばらきまつりに行ってきました。 公共交通機関には頼れなく移動には不便ではありますが、小規模なお祭りにも関わらず、日本有数の煙火店である野村花火工業が担当であり、かなりオススメの場所。 到着早 …

【最新情報2017】秩父夜祭 徹底解析

秩父夜祭 注意事項 毎年、12月3日に埼玉県秩父市で開催される秩父夜祭。前日の2日にも宵宮(前夜祭)として小規模な花火が上がりますが、ここでは3日に焦点を当てて記載します。まず、秩父夜祭は花火でなく山 …

ふじさわ江の島花火大会

【最新花火情報2017】ふじさわ江の島花火大会 徹底解析

ふじさわ江の島花火大会 注意事項 10月第3土曜日(2017年10月21日)に神奈川県藤沢市で開催されるふじさわ江の島花火大会。アクセスも良く、都心では珍しい二尺玉の打ち上げが行われる。しかも、二尺玉 …

写真撮影を通して全国の良質な花火文化の記録や保存、拡散を目的として活動しています。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイトの文章や画像の無断転載を禁止しています。
プロフィール詳細
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
お問い合わせ