花火の心得

花火の心得 オフィシャルサイト of Masashi Hiruta ― 日本が世界に誇れる芸術作品「花火」この文化を多くの人に伝えたい ―

花火の歴史

【歴史】世界最大の打ち上げ花火ギネス更新!

投稿日:2018年1月1日

明けましておめでとうございます。本年も花火の心得をどうぞ宜しくお願い致します。

昨年は自身の健康面に問題があり、後半は特に花火にほとんど行けませんでした。実は現在も治療中ですが、以前よりは良くなってきているので、また各地に行ける日もあると思われます。長い目で見て頂けると助かります。

さて、先程、日本時間で1月1日午前5時頃よりドバイ首長国のカウントダウン花火でアメリカの煙火業者であるグルッチ社が世界最大の打ち上げ花火に成功しました。(これまでは日本の片貝煙火工業による正四尺玉)

大きさは5尺玉とは聞いておりますが、正確な数字は良く分かっていません。知り合いの花火好きも数名現地に飛んでいるらしいので詳細が分かり次第、書き込もうと思います。リアルタイムで見たかったのでYouTube LIVEに釘付けでした(笑) 打ち上げ成功おめでとうございます!

※追記※
どうやら花火玉の大きさは55インチだそうです。換算すると1,397mm。尺貫法だと約4尺6寸になります。開花の大きさは1,127m。(正四尺玉は約850m)日本で言う正五尺玉とはいきませんでしたが堂々たる世界一の打ち上げ花火です。

また打ち上げ花火には全く重さの記録は関係ないのですが、こうのす花火大会の記録(464.826kg)もあっさり超えて1,087.26kgになりました。

※ギネス記録

-花火の歴史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【花火の歴史】近現代における花火の歴史

近現代における花火の歴史 大政奉還後、時代は明治になり文明開化が起こり、海外から新たな花火の技術が入ってくる様になる。 幕末の動乱により中断していた両国の花火も5年振りに1868年(明治元年)に復活し …

【花火の歴史】黒色火薬から始まる花火の歴史

黒色火薬から始まる花火の歴史 花火の歴史は黒色火薬から始まった。6~7世紀頃に中国の錬金術である錬丹術と呼ばれる不老不死の霊薬を研究した過程で生まれたそうだ。 黒色火薬は硝石75%、硫黄10%、木炭1 …

【花火の歴史】日本最初の花火愛好家 山下清

日本最初の花火愛好家 山下清 「放浪の天才画家、裸の大将」で知られる山下清(1922年3月10日 – 1971年7月12日)。現在でこそ、北海道から沖縄まで良質な花火を求めて旅をする花火愛 …

【花火の歴史】江戸時代における花火の歴史

江戸時代における花火の歴史 銃火器としての利用が主だった火薬は江戸時代になり、段々とその役目を終え、娯楽として使われる様になる。日本で初めて花火を見たとされる徳川家康は1613年にイギリスより国書を受 …

【花火の歴史】内閣総理大臣賞 歴代の煙火店

花火業界で最高に名誉な賞である内閣総理大臣賞。全国の花火師たちの目標であり、おそらくこの賞を獲得する為には我々が想像もできない努力をされている事でしょう。 現在では秋田県大仙市の全国花火競技大会 大曲 …

写真撮影を通して全国の良質な花火文化の記録や保存、拡散を目的として活動しています。日本花火鑑賞士会関東支部会員。◎当サイトの文章や画像の無断転載を禁止しています。
プロフィール詳細
花火鑑賞ガイド
花火撮影テクニック
花火の歴史
花火写真ギャラリー
お問い合わせ