現在、秋田県大仙市で今年8月にオープン予定する(仮称)花火伝統文化継承資料館の名称を募集している様です。応募資格者は大仙市に在住・在勤の方、そして花火鑑賞士だそうです。(2018年1月19日必着)

※詳細はこちら

現在、大曲には花火庵と言うものがありますが、資料館と言う程には少し物足りなく、あの場所だけを見て花火の知識や歴史を得るには難しいと感じていました。

新しい資料館には約1万4千点もの花火資料が集まり、また4K4面マルチシアターで花火の知識や歴史、全国花火競技大会についても学べる様です。

建物は4階建てで、1階と2階は生涯学習や会議室などの部屋。資料館は1階の一部と3階・4階になる様です。場所は大曲駅から徒歩約9分。おそらく住所からするとこの辺なのでしょうか?位置的には、屋上から大曲の花火が撮影できそうな気がしますw

そして、現在の花火庵の行方も気になる所です。

花火資料館は各地にあるのですが、なかなか運営も難しいと思います。しかし、それぞれの花火大会に歴史や文化があり、後世に伝える為にも多くの人に知って貰うと言う義務がある気がします。大曲が率先してやって貰える事で各地の花火大会にもその波が伝わるといいなと考えております。(片貝まつりの様に花火大会の日程だけでも可)