この赤川花火大会には何とか間に合わせようとリハビリに取り組んだ一年間でした。昨年は丁度、この時期ぐらいから急激に椎間板ヘルニアが悪化し、会場近くまで車で運んで貰うと言う有様でした。色々と失ったものも多いけど、また花火大会に行ける様になれたのは有難い事です。

例年ながらメイン会場は風向きが悪く直前まで粘りましたが、やはり風向きを見て撮影席を放棄し、裏に移動。音楽は聞こえないが素晴らしい花火の数々で狂喜乱舞。特に伊那火工堀内煙火店の市民花火は二尺玉がなくてもここまでやれるんだと言う実力を見せつけられました。やはり赤川花火大会は感動日本一です!

また花火終了後には、とあるご縁で赤川花火大会に関わる方のお話を伺う事ができました。花火好きの実行委員が各地の花火大会を実際に見に行き研究して良い所を抜き出し、飽きさせない様に年々改良しているなど勉強になる事が沢山ありました。

街を有名にするとか、観光客を誘致するとかは、あくまでも副産物であり、いい花火を純粋に観客に見て貰いたい、楽しんで貰いたいと言う想いがいっぱい詰まっていました。そりゃあいい花火大会になるわなと納得。来年も行ける様に頑張りたいものです。

担当煙火店 北日本花火興業、磯谷煙火店、マルゴー、伊那火工堀内煙火店、紅屋青木煙火店、他
最大号数 10号玉
時間 19:15~21:00

◎他の写真はこちら