福島県郡山市の駒屋唐傘行灯花火と富岡唐傘行灯花火のはしごをしてきました。駒屋は最大8号玉。富岡は最大7号玉の打ち上げです。駒屋と富岡は開始時間に約30分ほどの違いがあり、担当は両方とも糸井火工で内容も似ています。

秋の豊作祈願や家内安全を願ったお祭りとして、かなり歴史がある様で、何と言ってもここでしか見られない唐傘行灯花火が行われます。(市指定重要無形民俗文化財)昔はこう言うお祭り花火がいくつもあったそうですが、今でもこの地区で続けていけるのは糸井火工のおかげだと同行した花火仲間から聞きました。

行灯の上に閉じられた唐傘が取り付けられ、火が入ると花火が飛び散り、その火の粉が唐傘に移って傘が開き金色の火花が降り注ぐと言う仕掛け花火です。

すぐに露出オーバーしてしまうので、なかなか撮影は難しいのですが次回は唐傘メインで頑張ってみようと思いました。

担当煙火店 糸井火工
最大号数 (駒屋)8号玉 (富岡)7号玉
時間 (駒屋)19:15~45 (富岡)19:50~20:20
※ハシゴをするならどちらかを途中で切り上げる必要があります。

◎他の写真はこちら